65199: Acronis Cyber Protect Cloud、Acronis Cyber Backup:「同じ名前を持つアーカイブが既に存在しています」エラーが表示され、ネットワークフォルダへのレプリケーションが設定されたバックアップ計画が失敗する場合

事象

この問題は Windows 7 および Windows 2008 R2 にのみ適用できます。

1. ローカルフォルダにバックアップしてからこのバックアップをネットワークフォルダにレプリケーションするバックアップ計画を作成しました。

2. バックアップが2~3回実行された後、以下のエラーが表示され、バックアップ計画が失敗します:

「同じ名前を持つアーカイブが既に存在しています。」

 

あるいは、Service_process がクラッシュします:

「TOL: Process 'service_process.exe' has failed.」

 

原因

このエラーが発生するのは、サーバーメッセージブロック(SMB)バージョン 2 のリダイレクタ(Mrxsmb20.sys)におけるタイミングの問題のためです。このタイミングの問題が起きると、ディレクトリのキャッシュは正しく更新されなくなります。詳細については、こちらをご参照ください。

ソリューション

Acronis Cyber Protect Cloud では、この問題はバージョン 9.0 で修正されています。

Acronis Cyber Backup 12.5 では、この問題はアップデート 5(ビルド 16180)で修正されています。

最新ビルドをインストールせずに問題を回避するためには、Windows 7 または Windows 2008 R2 のコンピュータで SNB2 ディレクトリのキャッシュを無効にしてください:

  • レジストリ エディターを開き(Win+R -> regedit)、以下のキーまで移動します:

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Lanmanworkstation\Parameters\DirectoryCacheLifetime

このパラメータを 0 (ゼロ)に設定します。この値が存在しない場合は、DWORD 値として作成し、0 (ゼロ)に設定します。

Tags: