65193: Acronis Backup: セキュアブートが有効になっている Gen 2 Hyper-V 仮想コンピュータでは、再起動を必要とする復元に失敗します

Also read in:

use Google Translate

事象

  1. セキュアブートが有効になっている Gen 2 Hyper-V 仮想コンピュータを持っています。
  2. この仮想コンピュータ内にエージェント for Windows をインストールし、[コンピュータ全体] のバックアップを実行します。
  3. このバックアップから仮想コンピュータを復元しようとしています。しかし、以下のメッセージのいずれかが表示され、復元に失敗します:

    「マシンの予期しないシャットダウンのためアクティビティが失敗しました。 」

    「アクティビティ 'Recovering volumes(日本語訳: ボリュームの復元)' が失敗しました。計画されたオペレーティングシステムの再起動によりアクティビティが失敗しました。」

 

原因

対象の仮想コンピュータ内にエージェント for Windows がインストールされている場合、Gen 2 Hyper-V 仮想コンピュータの再起動を伴う復元が失敗することがあります。 セキュアブート オプションが有効になっているため、エージェント for Windows は復元モードでデバイスを起動できなくなります。

ソリューション

以下の回避策のいずれかを使用できます:

  1. 復元する前に、対象の仮想コンピュータでセキュアブートを無効にしてください。
  2. 復元する前に、一時的にセキュアブートを Microsoft UEFI 証明機関に変えてください:

    • 復元のタスクを開始します。

    • 仮想コンピュータが再起動しはじめます。また起動しないうちにシャットダウンします。

    • [セキュアブート] オプションを [Microsoft UEFI 証明機関] に切り替えてから、再起動します。復元操作は続きます。

    • 復元操作の後、仮想コンピュータをシャットダウンし、[セキュアブート] をもう一度 [Microsoft Windows] に戻します。

    • もう一度仮想コンピュータを再起動します。これで復元は完了します。

 

Tags: