63684: Acronis True Image: 仮想コンピュータのサポート

Acronis True Image でテストされ正常に機能することが保証されている仮想コンピュータの形式は、Parallels Desktop 14 のみです。この形式は、Acronis True Image 2019 および 2020 の Mac バージョンでサポートされています。

Parallels Desktop 14 仮想コンピュータのバックアップおよび復元

Acronis True Image 2019 および 2020(両方とも Mac バージョン)のユニークな機能の一つは、Mac ホスト上のディスク バックアップの一部となる Parallels Desktop 14 仮想コンピュータ バックアップの、他社の追随を許さないほど高レベルのサポートです:

  1. Parallels Desktop 14 仮想コンピュータのファイルを含む「Mac 全体」バックアップあるいはディスクバックアップを持っている場合、それですでに仮想コンピュータの適切なバックアップを持っているということになります。追加の設定や調整は不要です。
  2. Parallels Desktop 14 仮想コンピュータをシャットダウンする、あるいは、待機させる必要はありません。Parallels Desktop との密接な統合により、仮想コンピュータのバックアップを作成する際、そのシステム、すべてのアプリケーションおよびデータは一貫した状態でバックアップされます。
  3. 仮想コンピュータを復元するためには、Acronis True Image を使用して、普段のファイル/フォルダの復元と同じように仮想コンピュータのファイルを復元してください。
  4. Mac 全体あるいはディスク全体が復元された場合、仮想コンピュータを成すファイルも一緒に復元され、すぐに使用できる状態になります。
  5. 仮想コンピュータを起動可能にするために、復元の後、あるいは、復元の前後のコマンドとして、何らかのスクリプトあるいはコマンドを実行する必要はありません。

(!) Parallels Desktop 14 仮想コンピュータのバックアップは、Acronis True Image ソフトウェアの Mac バージョンのみで使用できます。

その他の形式の仮想コンピュータ

Acronis True Image は他の形式の仮想コンピュータにも対応する可能性があります。しかし、Parallels Desktop 14 以外の形式はサポートされないため、正常な動作を保証できません。

Acronis True Image の「Universal Restore」と「VHDへの変換」という機能も例外ではありません。Acronis True Image における「Universal Restore」は物理コンピュータに対して使われることが前提で、「VHDへの変換」は仮想ディスク形式のファイルを生成するのみです。Acronis カスタマーセンターでは、作成された VHD(X) ファイルのマウントおよび将来の使用に関する技術的なサポートを提供できません。

Tags: