Volume

LVM ボリュームのイメージ作成および復元方法

この資料は、以下の製品に該当します。

LVM ボリュームのイメージ作成および復元方法

この資料は、以下の製品に該当します。

Restoring disks and partitions in Windows and from Acronis Bootable Media

Acronis True Image Server for Windows, Acronis True Image Workstation and Acronis True Image Enterprise Server support Windows dynamic disks

FAT32 ファイルシステムの上限が 4 GB です

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis True Image 10.0 Home
  • Acronis True Image 11 Home
  • Acronis True Image Home 2009
  • Acronis True Image Home 2010

説明

FAT32 ファイルシステムでは、ファイルサイズが最大 4 GB に制限されます。

FAT32 メディアにバックアップを行うと、Acronis True Image によってバックアップアーカイブが自動的に 4 GB のボリュームに分割されます。

詳細情報

FAT32 内蔵ハードディスクドライブにバックアップすると、メッセージが表示されることなく Acronis True Image によってバックアップアーカイブが自動的に 4 GB のボリュームに分割されます。

Acronis Plus Pack は Acronis True Image Home 2010 の個別アドオンです。Acronis Universal Restore、Acronis WinPE ISO ビルダを備え、ダイナミック/GPT(GUID パーティションテーブル)ディスクがサポートされています。

説明

(!)Acronis True Image Home 2011 Plus Pack は新製品向けの新しいアドオンです。「Acronis True Image Home 2011 Plus Pack」をご参照ください。

この問題を解決するには、USB ドライブの書き込みキャッシュを無効にします

この資料は、以下の製品に該当します。

CD または DVD ディスクから、ローカルハードディスク、外付けハードディスク、またはネットワーク共有に分割されたイメージをコピーしてからファイルを復元します

はじめに

システムのイメージ(ディスクバックアップまたはパーティションバックアップ)を作成して、そのイメージを CD または DVD ディスクに保存する際、バックアップファイルは、アクロニス ソフトウェアによって、ディスクに収まるように複数のボリュームに分割されます。

イメージ(ディスクバックアップまたはパーティションバックアップ)には、バックアップが個々のファイルとしてではなく、セクタとして保存されます。つまり、1 つのファイルが、複数の CD または DVD ディスクに分割される場合があります。その結果、イメージからファイルを復元するために、アクロニス ソフトウェアが一連の CD または DVD ディスクにアクセスしなければなりません。

解決法

CD または DVD ディスクから、ローカルハードディスク、外付けハードディスク、またはネットワーク共有にイメージボリュームをすべてコピーします。コピーされたイメージから各ファイルを復元します。

詳細情報

こちらの記事もご参照ください:

If an archive is split in several volumes, recovery can fail for the first time. It should work correctly if you reattempt the restore

Acronis Agent for Hyper-V is unable to back up virtual machines (or virtual drives) if the virtual drives storage is allocated on a CSV organized under Windows 2008 R2 environment

Acronis True Image Home Plus Pack supports dynamic disks or disks with GUID partition tables (GPT). Acronis True Image Home does not

About recovery of dynamic/GPT disks and volumes with Acronis Small Office: Server Cloud Backup

Restoring disks and partitions in Windows and from Acronis Bootable Media

Table of Windows Editions and dynamic disk types they support

You need to have unallocated space on the disk with the partition the size of which you intend to increase

ダイナミックディスクおよび GPT ディスクのサポートの制限

この資料は、以下の製品に該当します。

You can hide a volume from the operating system. After hiding, the operating system will not be able to detect the volume.

The hidden volume loses its letter and this letter becomes free for assignment.

(!) You can only hide and unhide volumes on basic MBR disks.

Hiding dynamic disks is not supported:

Symptoms

  1. Using Acronis Disk Director 11 in Windows XP, you create a new volume and set a label to it:

  2. After committing the operation, the Windows XP Explorer shows no label:

A newly created NTFS volume has "Full control" security permission for Everyone

Conversion of both basic to dynamic and dynamic to basic is performed without data loss.

Conversion of a dynamic system disk to basic will require a reboot.

This is a known limitation. As a workaround, copy all volumes from the flash drives to one folder. You will then be able to restore

Maximum partition/volume size supported by Acronis software

ページ

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
7 + 0 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.