UEFI

UEFI

Acronis Snap Deploy 4 supports UEFI-based systems starting from Update 1

True Image 2013 supports GPT disks and UEFI

Acronis PXE Server support for UEFI machines is planned for future

Acronis True Image 2014 supports GPT disks and UEFI

Introduction

Almost all modern computers have UEFI (Unified Extensible Firmware Interface) firmware implementations, some of them also including legacy support for BIOS services. UEFI firmware could be either 32 or 64-bit. Not all Acronis programs support both 32- and 64-bit versions of UEFI. See https://kb.acronis.com/content/43091 for 32-bit UEFI devices support limitation.

症状

1. UEFIマシンのマスターイメージを作成します。

2.  配置サーバの 配置タスクを使用して、同じマシンにイメージを配置します。

3. OS Deploy Server logs に以下のエラーが出力されます:

Internal error: write outside of allowed area

原因 

製品の既知の問題です。

This article describes how to change the delay time and key for starting Acronis Startup Recovery Manager.

Symptoms

1. You create a master image of a UEFI machine

2. You start to deploy this image to the same machine via a deployment task from OS Deploy Server

3. OS Deploy Server logs contain the following error:

Internal error: write outside of allowed area

Cause

Issue in the product

When you turn on the computer, Acronis bootable environment starts up unexpectedly instead of Windows.

Acronis Startup Recovery Manager was not activated or used.

32ビットのUEFIのサポートは、次の製品に導入されています: Acronis Backup (Advanced) 11.7、Acronis Backup 12、Acronis Snap Deploy 5 (アップデート1以来) および Acronis True Image 2017。

 

上記以外のAcronis製品を32ビットのUEFIで使用する際、制限が存在します。32ビットのUEFIデバイス上でAcronis製品を使用して保護できるのは、非システム、ロックされていないファイルおよびパーティションのみです。例えば、Intel® Atom™ プロセッサZ2760(32bitのみ)を使用しているタブレットが該当デバイスです。例えば、Intel® Atom™ プロセッサZ2760(32bitのみ)を使用しているタブレットが該当デバイスです。

再起動あるいはAcronis ブータブル環境の使用が必要となる他の操作は失敗します:

1) Acronis ブータブルメディア、Acronis PXEまたはAcronis スタートアップリカバリーマネージャからの起動;

When performing troubleshooting you might need to know whether Acronis Bootable media is booted in UEFI or legacy BIOS modes.

Method 1. If you can see bootable media Loading, then pay attention to its initial screen:

トラブルシューティングを行う際、Acronis ブータブルメディアが UEFI モードで起動するか、レガシ BIOS モードで起動するか調べなければいけない場合があります。

方法 1. ブータブルメディアのロード中の様子を確認できる場合、その最初の画面に注目してください:

Symptoms

  1. You create Linux-based Acronis Bootable media or download ISO image from Account or upload bootable components to Acronis PXE Server
  2. When trying to boot the target machine from this media, you see the following message:

    Video mode setup error: Error 0x1480006: The video framebuffer parameters are invalid

Cause

Known issue with Acronis UEFI loader.

事象

  1. Linux ベースの Acronis ブータブルメディアを作成したか、アカウントから ISO イメージをダウンロードしたか、Acronis PXE サーバーに起動可能なコンポーネントをアップロードしました。
  2. このメディアからコンピュータを起動しようとすると、以下のメッセージが表示されます:

    Video mode setup error: Error 0x1480006: The video framebuffer parameters are invalid

原因

Acronis UEFI ローダーに関する既知の問題です。