Technology

Why it is insufficient to simply delete data and what wiping algorithms Acronis Drive Cleanser 6.0 uses

Description of the Acronis scheduling technology

You can use Acronis True Image Echo to convert a backup archive (*.tib) to a virtual disk (.vmdk, .vhd, .hdd). You can also back up a virtual disk and restore it to a physical disk

Acronis True Image Echo を使用して、バックアップアーカイブ(*.tib)を仮想ディスク(.vmdk、.vhd、.hdd)に変換できます。仮想ディスクをバックアップして、物理ディスクへ復元することも可能です。

この記事は次の製品に適用されます。

これらのアプリケーションのバックアップの作成方法

はじめに

この資料は、以下の製品に該当します。

データを削除するだけでは不十分な理由と Acronis Drive Cleanser 6.0 が使用する抹消アルゴリズムについて説明します

はじめに

ファイルシステムではファイルは、ファイル名がパーティションのファイルアロケーションテーブル(FAT)に登録され、ファイルデータ自体は連続して配置されたパーティション(ハードディスク)に保存されます。オペレーティングシステムを使用してファイルを削除しても、ファイル名のみが FAT から削除され、ファイルデータが保存されたセクタは空として認識されるようになります。FAT からファイル名が削除されると、そのセクタにデータを書き込めるようになりますが、ランダムに上書きされない限り元のファイルデータは完全な形で残ります。FAT でファイル名を削除するだけでは、ハードドライブ上のファイルデータセクタにデータが書き込まれる保証はありません。

たとえば、Windows オペレーティングシステムの場合、削除したファイルは容易に復元できます。また、削除したファイルを復元するユーティリティも広く普及しています。

Acronis Universal Restore を使用すると、Windows オペレーティングシステムのイメージを別のハードウェアに復元できます。また、Windows ハードウェアアブストラクションレイヤーを変更し、HDD コントローラおよび NIC(ネットワークインターフェイスカード)ドライバをインストールすることができます

この資料は、以下の製品に該当します。

Acronis Universal Restore lets you restore your system to different hardware environment; Acronis Universal Restore allows to change Windows Hardware Abstraction Layer and install HDD controller and NIC drivers

Description of the Acronis SnapAPI module

Acronis SnapAPI モジュールの概要

説明

SnapAPI モジュールは、Windows で動作するアクロニス ソフトウェアがハードディスクで行うすべての I/O 処理を管理します。また Windows の実行中にファイルを無制限に開いて、読み取り/書き込みした状態で、バックアップを作成することができ、コンピュータの再起動も必要ありません。

Description of the Wake-on-LAN technology implemented in Acronis Backup Advanced

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
14 + 2 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.