Snapshot

All conditions must be true:

  1. Act! software and Microsoft SQL Server are installed
  2. Acronis True Image does not create a backup. If you click the red exclamation mark at the center of the backup screen, the following error message is displayed:
    1. Entire PC and disk/partition backups: Unable to create volume snapshot
    2. File and folder backup: Failed to backup file or folder
  3. The last modified log file at C:\ProgramData\Acronis\TrueImageHome\Logs\ti_demon contains the following text: VSS writer 'SqlServerWriter' with class ID 'A65FAA63-5EA8-4EBC-9DBD-A0C4DB26912A' has failed to process the snapshot

Acronis VSS provider is used to initiate creation of VSS snapshot, but MS VSS service is actually used

Acronis VSS Provider は VSS(Visual SourceSafe)スナップショットの作成開始に使用されますが、実際に使用されるのは MS VSS サービスです

この資料は、以下の製品に該当します。

Backup task hangs at "Calculating time remaining..."

事象

ボリュームシャドウコピーが有効になっているバックアップが以下のようなエラーで失敗します:

「'VSS Writer' がスナップショット作成時に失敗したので、バックアップが失敗しました。」

様々なVSSライタがこのエラーの原因になることがあります。以下は、一部の例です:

 

この記事は、エージェント for Hyper-V によって実行される Hyper-V 仮想コンピュータのバックアップ(エージェントレス)についてです。

概要

前提条件

バックアップを実行する前に、以下の前提条件を満たしていることを確認してください:

1. バックアップの対象となるすべての仮想コンピュータの中に、最新のHyper-V 統合サービスが動作している必要があります。

2. バックアップ中に仮想コンピュータが「保存済み」状態にならないように、Hyper-V マネージャーの仮想コンピュータの設定で、[統合サービス] -> [バックアップ(ボリューム チェックポイント)] オプションが有効にされている必要があります。

スナップショット作成

Hyper-V 仮想コンピュータのスコープ スナップショットを無効にしましょう。

ネットワーク共有フォルダをバックアップするとき、「ネットワーク共有の資格情報が正しくありません。」エラーが表示されます。しかし、Windows ファイルエクスプローラーでは、同じ認証情報を使用して、この共有にアクセスできます。

If there is not enough storage space to create the temporary snapshot file, the backup operation will fail with an error message similar to the following one:

Not enough storage is available to process this command

This article describes what this temporary file is and how to modify its size. For detailed description of the snapshot process, see SnapAPI.

The product cannot access the hard disk drive to create a snapshot

Symptoms

Backup with activated Volume Shadow Copy fails with the following error similar:

The backup has failed because 'VSS Writer' has failed during snapshot creation.

This error can be produced by different VSS writers, see some examples below:

 

When backing up a network shared folder you get 'The credentials for network share are incorrect' error, even though you are able to access this share in Windows File Explorer using the same credentials.

一時ファイルは、バックアップ生成が完了するまでの間、全ての保留中の書き込みオペレーションを保存するコンテナです。

この資料の該当製品:

  • Acronis Backup & Recovery 10 (全エディション)
  • Acronis Backup& Recovery 11(全エディション)
  • Acronis Backup&Recovery 11.5(全エディション)

説明

一時スナップショットファイルを作成するのに十分なストレージスペースがない場合には、バックアップ処理は以下のメッセージを出力して失敗します。:

This article describes what to do if after a backup failure the backed up virtual disks are left attached to Acronis Virtual Appliance

エージェント for VMware(Windows)または仮想アプライアンスを使って、ESXi 6.5 または 6.7 上の Windows Server 2019 仮想コンピュータをバックアップしようとしています。

エージェントレス バックアップが終了した後、以下の警告が表示されます:

「仮想コンピュータのアプリケーションと整合性のあるスナップショットを作成できなかったため、クラッシュと整合性のあるスナップショットを作成しています。仮想コンピュータの静止中にエラーが発生しました: Failed to quiesce the virtual machine。」

Starting with build 6106 (Acronis True Image New Generation) and build 8029 (Acronis True Image Standard), Acronis implemented an additional setting for adjusting snapshot type.

事象

以下のエラーが表示され、バックアップ アクティビティに失敗します:

「オペレーティングシステム エラー: シャドウ コピー プロパイダーでエラーが発生しました。 詳細についてはシステム イベント ログとアプリケーション イベント ログを確認してください。

Introduction

Acronis software may give errors, freeze or produce other undesired effects when there are issues with parts of the computer environment it operates in:

Hardware/Firmware

Disk partitions, file systems

You are backing up a virtual machine with Windows Server 2019 on ESXi 6.5 or 6.7 using Agent for VMware (Windows) or Virtual Appliance,
Agentless backup finishes with warning

Creating a crash-consistent snapshot of virtual machine because the creation of its application-consistent snapshot has failed. An error occurred while saving the snapshot: Failed to quiesce the virtual machine

Symptoms

Activity fails with one of the following errors:

Windows error: (0x800705B4) This operation returned because the timeout period expired

or

Operating system error: This operation returned because the timeout period expired

事象

以下のエラーのいずれかが表示され、アクティビティに失敗します:

「Windows エラー: (0x800705B4) タイムアウト期間が経過したため、この操作は終了しました。」

あるいは

「オペレーティングシステムのエラー : タイムアウト期間が経過したため、この操作は終了しました。」

Symptoms

Backup activity fails with the following error:

Operating system error: The shadow copy provider had an error. Check the System and Application event logs for more information.

While using the VSS backup option to back up complex applications, you may encounter issues with creating volume snapshot/shadow copy. This article provides instructions on how to troubleshoot and resolve such issues.

This article applies to backups of Hyper-V VMs performed by Agent for Hyper-V (agent-less)

About 

Prerequisites

Prior to performing the backup, make sure that the below prerequisites are met:

1. Hyper-V Integration Services must be up-to-date and running inside the virtual machine(s).

2. In order to avoid VM going into "saved" state during backup, make sure that the Integration services -> Backup (Volume checkpoint) option is enabled in VM settings in Hyper-V Manager.

You attempt to perform a disk or partition backup that fails with the following error: "Failed to read the snapshot."

ページ