Slow replication

様々なパフォーマンスに関連する問題のトラブルシューティング

本記事の対象製品:

  • Acronis Backup (Acronis Backup & Recovery)

はじめに

この資料では、バックアップ計画の実行に関連するサブタスクや操作(バックアップ、レプリケーション、ベリファイ、リカバリなど)に関するパフォーマンスに関するトラブルシューティングの手順を説明します。

ハードウェアの制限(ハードウェアの変更以外に問題を修正する方法がない)や、システムとの競合が原因で製品のパフォーマンスが低下するなど、製品のパフォーマンスは様々な要素に依存します。 問題を解決するには、パフォーマンスのボトルネックを正確に理解する必要があります。 この資料では、さまざまな問題の原因を特定する方法を紹介します。

解決策: 

I製品のパフォーマンスの改善については、頻繁に修正が行われているため、バックアップやその他の操作のパフォーマンスを最良の状態で実施するには、製品を最新ビルドにアップデートすることをお勧めします。

This article looks at troubleshooting performance problems of the different sub-tasks and operations involved in running a backup plan: backup, replication, validation, recovery etc. 

Performance depends on a lot of factors. For example, it could be hardware limitations that cannot be fixed without changing the hardware or the product under-performing due to conflicts with the system which have to be fixed by Acronis development. So it is important to make sure the performance bottleneck is understood exactly. This article aims to help you do just that.