Server

Acronis Recovery for Microsoft Exchange 管理コンソールから Microsoft Exchange Server 上の Acronis エージェントに正しい接続を確立する方法

この資料は、以下の製品に該当します。

Acronis Recovery for MS SQL Server でバックアップできる Microsoft SQL Server のバージョンの一覧は次のとおりです

説明

サポートされる Microsoft SQL Server バージョンは次のとおりです。

アクロニス製品を Windows 上で実行する場合、Windows でドライバが用意されているすべての RAID アレイがサポートされます。スタンドアロンバージョンのアクロニス製品は、ほとんどの RAID アレイをサポートします。

異なるハードウェアに復元したシステムは、起動する前に設定が必要です

この資料は、以下の製品に該当します。

Acronis Backup & Recovery 10 Management Server は Acronisグループサーバーと同じコンピュータにも別のコンピュータにもインストールすることができます。

はじめに

Acronis 管理サーバーは、Acronis グループサーバーと同じコンピュータにも別のコンピュータにもインストールすることができます。

Acronis 管理サーバーと Acronis グループサーバーは相互に独立しています。Acronis グループサーバーを使用する予定がない場合は、Acronis 管理サーバーのインストールの前後を問わずいつでもアンインストールすることができます。または、インフラストラクチャ内に Acronis True Image Echo のコンポーネントが残っている場合は、Acronis グループサーバーを引き続き併用することもできます。

Acronis 管理サーバーをインストールした後で、Acronis グループサーバーをアンインストールした後でも、Acronis グループサーバーのグループタスクを Acronis 管理サーバーのバックアップポリシーとしてインポートすることができます。

ESX Server では UUID を使用してストレージがマウントされます。ハードディスクが変更されると、UUID も変更されます。そのため、ESX によるマウントが失敗します。

When running in Windows Acronis product supports all RAID arrays Windows has drivers for. The standalone version of Acronis products supports most of RAID arrays.

ESX Server mounts the storage using UUID. With the hard disk changed, UUID changes too. Hence, ESX fails to mount

Windows Server 2008 R2 および Windows 7 にはリムーバブル記憶域マネージャ(RSM)はありません。Acronis ストレージノードは、RSM を介してテープドライブにアクセスするので、Windows Server 2008 R2 または Windows 7 ではテープドライブをサポートしません。

この資料は、以下の製品に該当します。

この問題は修正済みです。

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server Virtual Edition(エージェント for ESX/ESXi)

事例

  1. 仮想アプライアンスを使用して Windows Server 2008 仮想コンピュータをバックアップします。
  2. その後で仮想アプライアンスを使用して新しい仮想コンピュータとして復元します。
  3. 復元されたシステムは起動できなくなります。

    Status:0xc0000225
    Info:The boot selection failed because a required device is inaccessible.

BartPE の概要、Acronis True Image BartPE プラグインの使用手順と作成方法

Acronis Snap Deploy does not properly recognize Windows images with Bootmgr in the first sector of the partition

これは Red Hat Enterprise Linux カーネルの問題です。

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server(エージェント for Linux)
  • Acronis Backup & Recovery 10 Server for Linux(スタンドアロン版)
  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server - Virtual Edition(エージェント for Linux)

事例

バックアップ作成中に CentOS または Red Hat Enterprise Linux 5.4 システムが異常終了またはフリーズします。

原因

これは Red Hat Enterprise Linux カーネルの問題です。「CentOS Bug 3869」を参照してください。

You can import an archive to a managed vault only through command line

Per Microsoft limitation, the Exchange user must have minimum 1 E-mail in the mailbox to operate properly with the Exchange database. As a workaround, send an E-mail to the user in question.

Dismount the Microsoft Exchange database, and then remount it to resolve the issue

Acronis Recovery for Microsoft Exchange is a disaster recovery solution to protect Microsoft Exchange data. Restore databases, mailboxes or even E-mails

There is no Removable Storage Manager (RSM) in Windows Server 2008 R2 and Windows 7. Since Acronis Storage Node accesses tape drives through RSM, it does not support tape drives in Windows Server 2008 R2 or Windows 7

Acronis Backup & Recovery 10 管理サーバーで、バックアップしたいすべての VMware ESX または ESXi サーバーの仮想コンピュータにエージェント for ESX/ESXi を簡単に配置することができます

この資料は、以下の製品に該当します。

Acronis 管理サーバーがコンピュータの追加を試行するときに止まってしまわないようにログのクリーンアップルールを設定することができます。

この資料は、以下の製品に該当します。

説明

Acronis 管理サーバーまたは Acronis エージェントから設定できるログのクリーンアップルールがあります。

Acronis Recovery for MS SQL Server によってサポートされるオペレーティングシステム一覧は次のとおりです

説明

サポートされるプラットフォーム

  • x86
  • x64

Acronis Recovery for MS SQL Server では次のオペレーティングシステムがサポートされます。

Microsoft Ntbackup を使用して Active Directory をバックアップしてから、Acronis True Image を使用してサーバーをバックアップします。最初に Acronis True Image を使用してサーバーを復元してから、Microsoft Ntbackup を使用して Active Directory を復元します。

この資料は、以下の製品に該当します。

For disaster recovery and system migration in both physical and virtual environments, Acronis True Image Echo Enterprise Server delivers greater flexibility and value for networked servers in the corporate enterprises

There is no automatic resynchronization of tasks between Acronis Management Console, Acronis Management Server, and Acronis Storage Node if changes to the tasks are made outside of Acronis services

Provide the username in the form of DOMAIN\Username; make sure the user is a member of Administrators group, Domain Admins group, Enterprise Admins group; delete the v8.0 subkey from Windows Registry

Acronis True Image 9.1 Enterprise Server では特定時点でのバックアップを実行できます。複数のリモートコンピュータ上のバックアップを一元的に作成および管理することができます。Windows オペレーティングシステムと Linux オペレーティングシステムの両方で動作します。

説明

Acronis True Image 9.1 Enterprise Server は、ハードディスクまたはパーティションのイメージを作成し、パーティションや PC ディスク全体の内容を復元します。ディスクまたはパーティションのイメージを作成することで、個人データの安全性が保証されるとともに、別のコンピュータに同一のシステムを配置することが可能になります。

ディスクまたはパーティションのイメージには、アーカイブファイルに保存されている符号化ディスク(パーティション)のセクタの内容が格納されます。アーカイブファイルには、複数のディスクやディスクパーティションのイメージを同時に格納できます。アーカイブファイルは、ハードディスクドライブや、コンピュータに接続されたすべてのリムーバブルメディアに配置することができます。

Acronis True Image 9.1 Server for Linux では特定時点でのバックアップを実行できます。使いやすいインターフェイスを備えており、本稼働サーバーのバックアップをサーバー運転中に作成できます。

説明

Acronis True Image 9.1 Server for Linux は、Linux サーバーを導入している企業を対象にした、費用対効果が高く使いやすいバックアップおよび災害復旧ソフトウェアソリューションです。Linux を使用したビジネスシステムに障害が発生した場合に、最も高速に復元する方式が採用されています。

ページ