Secure boot

An Update is available for True Image 2013 and Acronis Backup & Recovery 11.5

Symptoms

  1. You have a Gen2 Hyper-V VM with Secure Boot enabled. 
  2. You install Agent for Windows inside this VM and run an Entire machine backup 
  3. You attempt to recover this VM from the backup. Recovery fails with one of the following messages:

    The activity has failed because the machine has been shut down unexpectedly.

    Activity 'Recovering volumes' failed. The activity has failed due to a planned restart of the operating system.

事象

  1. セキュアブートが有効になっている Gen 2 Hyper-V 仮想コンピュータを持っています。
  2. この仮想コンピュータ内にエージェント for Windows をインストールし、[コンピュータ全体] のバックアップを実行します。
  3. このバックアップから仮想コンピュータを復元しようとしています。しかし、以下のメッセージのいずれかが表示され、復元に失敗します:

    「マシンの予期しないシャットダウンのためアクティビティが失敗しました。 」

    「アクティビティ 'Recovering volumes(日本語訳: ボリュームの復元)' が失敗しました。計画されたオペレーティングシステムの再起動によりアクティビティが失敗しました。」

事象

Acronis ブータブルメディアを使って、Hyper-V 第2世代の仮想コンピュータを起動しようとしています。

以下のメッセージが表示され、メディアの起動に失敗します:

「The image's hash and certificate are not allowed (DB)

No UEFI-compatible file system was found.」

(和訳: 「イメージのハッシュおよび証明書は許可されていません。UEFIと互換性のあるファイルシステムは見つからなかった。 」)

原因

対象の仮想コンピュータにはセキュアブートが有効になっています。セキュアブートは、ISO ファイル内の Linux ブートローダによる起動を防ぎます。Linux ブートローダは Microsoft で署名も認定もされていないからです。

Acronis ブータブルメディア特有の問題ではありません。

ソリューション

[設定] -> [セキュリティ] -> [セキュアブートを有効にする] で一時的にセキュアブートを無効にしてください。

Symptoms

You try to boot Gen2 Hyper-V VM with Acronis Bootable Media

Media fails to boot with the following message:

The image's hash and certificate are not allowed (DB)

No UEFI-compatible file system was found.

Cause

Secure Boot is enabled on the VM. Secure Boot prevents boot from a Linux bootloader in the ISO file (the Linux bootloader neither signed nor certified by Microsoft).

This issue is not specific to Acronis Bootable Media.