Restore

Acronis Backup & Recovery 10 asks for a reboot to increase, decrease or create Acronis Secure Zone, or to restore partitions

This article lists all the new features of Acronis True Image 11 Home and describes them

Acronis True Image restores LVM volumes as non-LVM partitions. You will need to take extra steps to make the restored system bootable. You can also restore LVM volumes to prepared LVMs

Detailed instructions on how to troubleshoot issues with tape drives and Acronis True Image Echo

With Acronis Universal Restore you can recover the image of your system to a machine with dissimilar hardware

Remove the logical volume manually before restoring a disk image on a volume group

論理ボリュームを手動で削除してからボリュームグループにディスクイメージを復元

この資料は、以下の製品に該当します。

Acronis True Image では、LVM ボリュームを LVM 以外のパーティションとして復元します。復元されたシステムを起動可能にするには、追加の手順を実行する必要があります。用意した LVM に LVM ボリュームを復元することもできます。

この資料は、以下の製品に該当します。

You can set a Normal, High or Low priority to a backup or restore operation

E-mail backup can only be restored to the same e-mail client

The recommended way of using Acronis Universal Restore to migrate Active Directory with Domain Controller to a new machine with dissimilar hardware

This article applies to:

  • Acronis Backup & Recovery 10 Online Europe

    (!) The article does not apply to Acronis Backup & Recovery 10 Online users in all other regions.

    (!) The article does not apply to Acronis True Image Home.

Description

European Acronis Online Backup Servers will undergo a planned maintenance on November 15th 2010 9AM - 3PM CET.

If an archive is saved to an RDX or Iomega REV drive, there will be no possibility to apply retention rules or mount it

To migrate a domain controller, back up with VSS and use Acronis Universal Restore for recovery

アクロニス製品のブータブルバージョンでイメージアーカイブが存在するネットワークにログインできないときにユーザー名とパスワードを何度も要求される問題の解決方法

事例

  1. Acronis ブータブルメディアから起動します
  2. ネットワーク共有からイメージの復元を試みます
  3. ネットワーク共有にログインできず、正しいユーザー名とパスワードを入力してもアクロニス製品によってユーザー名とパスワードの入力を繰り返し要求されます。

原因

  • ユーザー名が正しい形式で指定されていない可能性があります。
  • Windows Server 2000/2003 によって制御されているドメインサーバー上に共有が存在する場合は、[常に通信にデジタル署名を行う] ポリシーによってアクセスが妨げられます。

解決法

SERVER\USER または DOMAIN\USER の形式でユーザー名を指定する必要があります。

異なるハードウェアに復元したシステムは、起動する前に設定が必要です

この資料は、以下の製品に該当します。

ESX Server では UUID を使用してストレージがマウントされます。ハードディスクが変更されると、UUID も変更されます。そのため、ESX によるマウントが失敗します。

ESX Server mounts the storage using UUID. With the hard disk changed, UUID changes too. Hence, ESX fails to mount

Acronis Backup & Recovery 10 の Acronis ブータブルメディアからバックアップと復元(リカバリ)の両方を実行したときに [SID の変更] オプションで実際に SID(セキュリティ識別子)が変更されません。

事例

  1. Acronis ブータブルメディア(WinPE ベースまたは標準)からシステムディスクの完全バックアップを作成します。
  2. Acronis ブータブルメディアからバックアップを復元します。[詳細ビュー] -> [復元オプション] -> [設定] -> [その他の設定] で、[復元後に SID を変更する] オプションがオンになっているのに、
  3. 復元後に SID が変更されません。

原因

製品に問題があります。

RDX ドライブまたは Iomega REV ドライブにアーカイブが保存されている場合、保持ルールを適用したりマウントしたりすることはできません。

この資料は、以下の製品に該当します。

説明

Windows は RDX ドライブおよび Iomega REV ドライブを CD-ROM として検出し、Acronis Backup & Recovery 10 も同様に検出します。

この問題は修正済みです。

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server Virtual Edition(エージェント for ESX/ESXi)

事例

  1. 仮想アプライアンスを使用して Windows Server 2008 仮想コンピュータをバックアップします。
  2. その後で仮想アプライアンスを使用して新しい仮想コンピュータとして復元します。
  3. 復元されたシステムは起動できなくなります。

    Status:0xc0000225
    Info:The boot selection failed because a required device is inaccessible.

処理の前後に実行するコマンドを使用してシステムを自動的にシャットダウンまたはログオフするようにします。

この資料は、以下の製品に該当します。

Microsoft Ntbackup を使用して Active Directory をバックアップしてから、Acronis True Image を使用してサーバーをバックアップします。最初に Acronis True Image を使用してサーバーを復元してから、Microsoft Ntbackup を使用して Active Directory を復元します。

この資料は、以下の製品に該当します。

ページ