Report

How to collect Group Policies in a domain using Group Policy Management Console

Reporting is a feature of Acronis Management Server

Acronis レポートは、ハードディスクドライブのパーティションの構造とファイルシステムの構造に関する情報を収集します。

説明

アクロニス カスタマーサービスにご連絡頂く際には、ユーザーがコンピュータ上で実行できる Acronis レポートユーティリティの出力情報をご提供ください。Acronis レポートユーティリティは次のリンクからダウンロードすることができます。

Make sure that ActiveX is enabled in your default browser

デフォルトのブラウザで ActiveX を有効にしてください

この資料は、以下の製品に該当します。

技術的な問題でアクロニス カスタマーサービスにお問い合わせの際は、Acronis システムレポートをご用意ください。

この記事は次の製品に適用されます。

  • Acronis True Image Home 2010
  • Acronis Backup and Security 2010

はじめに

Acronis システムレポートを生成すると、発生した問題の内容をアクロニスのサポート担当者が正確に把握できるようになります。

Acronis システムレポートは、次のように Windows または Acronis ブータブルメディアの両方で生成できます。

Acronis Linux レポートの出力は、ブータブルメディアからアクロニス ソフトウェアを実行中に発生する問題の分析に役に立ちます。

はじめに

アクロニス製品のすべてのスタンドアロンブータブルモジュールの製品版は、Linux をベースにしています。

スタンドアロン版のアクロニス ソフトウェアの操作中に問題が発生した場合は、Acronis Linux レポートを作成してサポートにお問い合わせください。

When contacting Acronis Customer Central with a technical issue, it is recommended to have Acronis System Report at hand

When contacting Acronis Customer Central with a technical issue, it is recommended to have Acronis System Report at hand

When contacting Acronis Customer Central with a technical issue, it is recommended to have Acronis System Report at hand

When contacting Acronis Customer Central with a technical issue, it is recommended to have Acronis System Report at hand

When contacting Acronis Customer Central with a technical issue, it is recommended to have Acronis System Report at hand

When contacting Acronis Customer Central with a technical issue, it is recommended to have Acronis System Report at hand

Linux で SnapAPI ログを収集する方法

はじめに

SnapAPI モジュールは、アクロニス ソフトウェアがハードディスクで行うすべての I/O 処理を管理します。アクロニス バックアップソフトウェアの Linux 用エディションの問題を調査する場合、SnapAPI モジュールと Linux システム内のディスクの相互作用に関する詳細な情報が必要になることがあります。以下に、そのようなレポートを収集する方法について説明します。

解決法

Linux での SnapAPI ログを収集するには、次の手順を実行します。

By analyzing schedreport.txt you can find out name and SID of the user who scheduled and ran the task, as well as the name and time and date of when the task was executed.

Sample of a successfully executed task

Symptoms

  1. You attempt to collect system information from a machine running Windows Server 2003 x64 or Windows XP x64;

  2. The attempt fails with an error message similar to the following one:

    Failed to collect system information
    Event code: 0x00E10002

A system information export lets Acronis Support Engineers have a better insight into the issue you may be experiencing.

In Windows, the information is collected using the AcronisInfo Utility, which is built in the product. For a complete list of the items collected, please see AcronisInfo Utility.

When contacting Acronis Customer Central with a technical issue, it is recommended to have Acronis System Report at hand

How to collect logs of SnapAPI drivers in Linux

AcronisInfo は、ユーザー権限の割り当てリスト、Windows イベントログ、Msinfo32、Acronis レジストリキー、Acronis ログ、Acronis スケジューラレポート、Acronis ディスクレポート、およびユーザーの Active Directory グループのリストを自動的に収集するユーティリティです。

次のオペレーティングシステムがサポートされます。

Summary:

When an application crashes on macOS, a system service named "CrashReporter" captures information to a file that can then be used to diagnose the problem.

This note details where the CrashReporter stores these files.

Description:

The CrashReporter saves the relevant system information in a file in one of two places depending on whether you are logged in as an administrator or not.

The two locations are:

~/Library/Logs/CrashReporter, and

/Library/Logs/CrashReporter

Acronis Smart Error Reporting is a technology that allows Acronis customers to gain access to online solutions database and get relevant information about error messages shown by Acronis products.

How does Smart Error Reporting work?

アクロニス製品でスケジュールされたタスクを管理できるユーティリティです。

はじめに

Acronis スケジューラマネージャは、スケジュールされたタスクおよび Acronis スケジューラ2 サービス自体を管理できるコマンドラインユーティリティです。

ここに記載した手順は、Windows のすべてのバージョンおよびエディションに適用されます。

解決策

Acronis スケジューラ2 サービスの管理

Click Help -> Collect system information

How to create a Linux System Report

Utility that allows you to manage scheduled tasks and collect reports in Acronis products

The Acronis Linux Report output can be useful to diagnose an issue when running Acronis software from bootable media

This article applies to:

  • Acronis True Image 11 Home
  • Acronis True Image Home 2009
  • Acronis Snap Deploy 3.0
  • Acronis True Image Echo

(!) For Acronis Disk Director 11 see Acronis Disk Director 11 Home: Collecting System Information.

(!) For Acronis True Image 2014 see Acronis True Image 2014: Generating System Report.

(!) For True Image 2013 by Acronis see True Image 2013 by Acronis: Generating System Report.

(!) For Acronis True Image Home 2012 see Acronis True Image Home 2012: Generating System Report.

(!) For Acronis True Image Home 2011 see Acronis True Image Home 2011: Generating System Report.

(!) For Acronis True Image Home 2010 see Acronis True Image Home 2010: Generating System Report.

(!) For Acronis Backup & Recovery 10 see Acronis Backup & Recovery 10: Generating System Report.

(!) For Acronis Backup & Recovery 11 see Acronis Backup & Recovery 11: Generating System Report.

(!) For Acronis Backup 11.5 see Acronis Backup 11.5: Generating System Report.

(!) For Acronis Backup 12.5 see Acronis Backup 12.5 and 12: how to collect system information

The Acronis Report collects information about the structure of partitions of your hard disk drives and the file system structure

Set the logging level on Acronis Management Server to collect all events

ページ