RDX

rdx

If an archive is saved to an RDX or Iomega REV drive, there will be no possibility to apply retention rules or mount it

RDX ドライブまたは Iomega REV ドライブにアーカイブが保存されている場合、保持ルールを適用したりマウントしたりすることはできません。

この資料は、以下の製品に該当します。

説明

Windows は RDX ドライブおよび Iomega REV ドライブを CD-ROM として検出し、Acronis Backup & Recovery 10 も同様に検出します。

If an archive is saved to an RDX or Iomega REV drive, there will be no possibility to apply retention rules or mount it

This article describes peculiarities of backing up to removable devices

This article applies to:

  • Acronis Backup 11.5 (Acronis Backup & Recovery 11.5)
  • Acronis Backup & Recovery 11 Build 17437 or higher

By a removable device, we mean an RDX drive or USB flash drive. A USB hard disk drive is not considered to be a removable device unless it is recognized as such by the operating system.

Correct configuring of backup to removable devices with regular drive swaps with Acronis Backup (Advanced) 11.5 Software.

If you are using Acronis Cyber Backup 12.5 see Acronis Backup: Backing Up to Removable Devices with Regular Drive Swaps

RDX drives are supported by Acronis Cyber Backup 12.5 as a backup destination. They are treated as a regular local backup location.

If you are backing up to a shared RDX drive with swapped disks, set up automatic cleanup via a command or script, so that the disk content is erased before backup starts. See Acronis Cyber Backup 12.5 and Acronis Cyber Backup Cloud: Backing Up to Removable Devices with Regular Drive Swaps This way each disk will contain one full backup.

Acronis Cyber Backup 12.5 では、RDX ドライブはバックアップ先としてサポートされます。通常のローカルのバックアップ先として扱われます。

ディスクがスワップ(交換)される共有対象の RDX ドライブにバックアップする場合は、バックアップが始まる前にディスクのコンテンツが削除されるように、コマンドまたはスクリプトを使って自動クリーンアップを設定してください。Acronis Cyber Backup 12.5/12: リムーバブルデバイスへバックアップする際、定期的なドライブ交換を設定する方法 をご参照ください。そうすると、各ディスクに一つの完全なバックアップが保存されます。

(!) 交換されるリムーバブルドライブをバックアップ先として使用する場合は、それらのドライブには同じドライブ文字が割り当てられている必要があります。ご注意ください。