RAID

How Acronis True Image Server for Linux works with software RAIDs (md-devices)

The driver does not work with customized Linux kernel, which is used in Acronis products. This is applies to all Promise FastTrak controllers that have Vendor ID 0x105a

アクロニス製品を Windows 上で実行する場合、Windows でドライバが用意されているすべての RAID アレイがサポートされます。スタンドアロンバージョンのアクロニス製品は、ほとんどの RAID アレイをサポートします。

When running in Windows Acronis product supports all RAID arrays Windows has drivers for. The standalone version of Acronis products supports most of RAID arrays.

If Acronis Bootable Media of Acronis vmProtect 6 does not detect your physical machine's RAID disks, it will corrupt the RAID

Table of Windows Editions and dynamic disk types they support

Changing RAID configuration (e.g. RAID-1 to RAID-5) without changing RAID controller does not require using Acronis Universal Restore

ダイナミックディスクおよび GPT ディスクのサポートの制限

この資料は、以下の製品に該当します。

Acronis Bootable Media does not support Broadcom HT1000 RAID. There are no open source drivers for Linux kernel.

Acronis ブータブルメディアは Broadcom HT1000 RAID をサポートしていません。Linux カーネル 用のオープンソースのドライバは存在しません。

事例

Broadcom HT1000 RAID がシステムに存在していても、Linux カーネル 上では、個別のドライブとしても、RAID としても、Acronis ブータブルメディアによって認識されません。

原因が Broadcom HT1000 RAID であるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

It recommended to use Acronis Universal Restore to deploy the image of a Windows system to a machine with different hardware

この資料は、以下の製品に該当します:

Windows システムのイメージを異なるハードウェアに展開する際は、Acronis Universal Restore をご使用されることをお勧めします

この資料は、以下の製品に該当します。

When a member of a RAID 5 volume fails, the operating system directs the reading and writing all of new data to the remaining members of the volume. A single member failure will not result in data loss, but reduces overall performance of a RAID 5 volume. Repairing a RAID 5 volume restores its performance by reconstructing the data of the failed member on another disk.

Here is a screenshot of a failed RAID 5 volume in Acronis Disk Director 11 Advanced Server and in Windows Disk Management:

This is a Windows Server 2003 specific issue. As a workaround, resync the disks in Windows Disk Management

RAID が個別のドライブとして検出されます。

事例

Acronis ブータブルメディアが HP Smart Array B110i SATA RAID (PCI\VEN_8086&DEV_3a25 or PCI\VEN_8086&DEV_3b25)、B120i やB140i,  B320i を個別のドライブとして検出します。

原因

Acronis ブータブルメディアはHP Smart Array B110i/B120i/B140i/B320i SATA RAIDをサポートしていません(オープンソースのドライバではないため)。

解決法

企業が専有するドライバを製品に組み込むことが禁止されているため、Acronisブータブルメディアにドライバを追加することはできません。

Acronis製品がHP Smart Array RAID コントローラを検出しない場合は、以下の回避策を実施してください。

You can create a rescue bootable media - a standalone version of Acronis True Image that you can use to boot a crashed machine or a machine without any operating system and restore an image of your system. Follow these instructions to create a bootable media.

クラッシュしたコンピュータまたはオペレーティングシステムのないコンピュータを起動し、システムのイメージを復元できる Acronis True Image のスタンドアロン版として、レスキューブータブルメディアを作成できます。ブータブルメディアを作成するために、この手順に従ってください。

Acronis Survival Kit を作成する手順は、こちらをご参照ください。
Windows コンピュータで Acronis ブータブルレスキューメディアを作成する方法

1. [ツール] セクションで、[レスキューメディアビルダ] をクリックします:

The following versions of Acronis Disk Director support RAID arrays.

  • Acronis Disk Director 12.5
  • Acronis Disk Director 12
  • Acronis Disk Director 11
  • Acronis Disk Director 10

You can perform all available operations with partitions located on RAID volumes without any special precautions.

RAID support scheme in Acronis True Image 

You can create a rescue bootable media - a standalone version of Acronis True Image that you can use to boot a crashed machine or a machine without any operating system and restore an image of your system. Follow these instructions to create a bootable media.

Contact Acronis Customer Central for a resolution

RAID アレイは個別のドライブとして認識されます。

事例

  1. PERC S300 または S100 RAID を搭載したコンピュータを Acronis ブータブルメディアから起動します。
  2. RAID アレイは個別のドライブとして検出されます。

Dell PERC S300 または S100 RAID が原因であることを確認するために、以下の手順を実行してください。

バックアップ時に、ディスクシステムの起動が行われます。それにかかる時間がディスクシステムの起動のタイムアウトを超えた場合、このエラーが発生することがあります。問題を解決するために、Windows レジストリに StartTimeout という値を追加してください。

Symptoms

  1. You back up a macOS system with RAID set up using SoftRaid
  2. If external USB drive is attached to the system, backup fails with the following error:

    Selected volumes were not found: RAID 5

Solution

SoftRaid is supported by Acronis Cyber Protect Cloud 9.0 and later.

Earlier versions do not support SoftRaid; correct functionality with SoftRaid is not guaranteed.