OneDrive

はじめに

Acronis True Image 2019 アップデート 2(ビルド 14610)以降では、MS Microsoft 365 一般消費者アカウントの OneDrive およびメールボックスをバックアップできます。バックアップは Acronis クラウドに保存されます。この機能を利用するために、Acronis True Image Advanced または Premium サブスクリプションが必要です。

(!) Microsoft 365 ビジネスアカウントのバックアップはサポートされません。Microsoft 365 ビジネスアカウントをバックアップするためには、Acronis Backup の使用を推奨しています。

ご自分の Outlook.com メールボックスにおいてバックアップできるデータ:

Windows を 10.0.17134 バージョンにアップデートした後、OneDrive フォルダを含むバックアップは、「ファイルは読み取り専用です」のようなエラーで失敗します。

Symptoms

Backup that includes OneDrive folder fails with an error similar to one of the following:

Failed to enumerate directory 'C:/Users/myusername/OneDrive/'. It may be corrupted or does not exist

Failed to back up file or folder 'C:/Users/myusername/OneDrive/'.It may be blocked by another application

Error occurred while opening the file

事象

以下のどちらかのエラーが表示され、OneDrive フォルダを含むバックアップに失敗します:

「ディレクトリ 'C:/Users/myusername/OneDrive/' を列挙できませんでした。 破損しているか存在しない可能性があります。」

「ファイルまたはフォルダ 'C:/Users/myusername/OneDrive/' のバックアップに失敗しました。他のアプリケーションによりブロックされている可能性があります。

「ファイルを開いているときにエラーが発生しました。」

「Access to the cloud file is denied」

「ファイルは読み取り専用です。」

あるいは、以下のエラーが表示され、OneDrive フォルダの復元に失敗します:

「ファイルまたはフォルダの復元に失敗しました。」

Symptoms

C2C agent tries to apply a protection plan to O365 mailboxes, Sharepoint, etc.

Activity fails with:

A backup agent error: 'nothing is processed in protection applying'

Cause 1

The alert could appear if there are new resources but they weren't protected when applying the plan, for example when there are new items discovered in Microsoft 365.

Introduction

Starting from Acronis True Image 2019 Update 2 (Build 14610) you can back up OneDrive and mailboxes for Microsoft 365 Consumer accounts. Backups are saved to Acronis Cloud. You need Acronis True Image Advanced or Premium subscription to use this feature.

Symptoms

  • You have created a protection plan to backup OneDrive to Acronis Cloud
  • Backups started failing with the error "Task timeout expired. The agent that is responsible for processing the task is not accessible."

Cause

Issue in the product.

File-level backup (Version 11 format) containing a personal OneDrive folder fails with:

| error 0x4000c: The file is read-only.
| line: 0xf35f747b3b21fd14
| file: e:\21\core\file\windows\winnt_dir.cpp:1547
| function: winnt_dir::iterator::GetHardlinkCountValue
| function: OpenFileW
| path: \\?\GLOBALROOT\Device\HarddiskVolumeShadowCopy1\Users\tester\OneDrive
| $module: disk_bundle_vsa64_11010
|
| error 0xfff0: The media is write protected
| line: 0xbd28fdbd64edb8f1
| file: e:\21\core\common\error.cpp:307
| function: Common::Error::AddWindowsError
| code: 0x80070013
| $module: disk_bundle_vsa64_11010

Symptoms

  • C2C backup of Microsoft OneDrive fails with: 

    "Service 'Microsoft OneDrive' is temporarily not available. 'Error: 404 GET https://graph.microsoft.com/v1.0/drives/ {\"error\":{\"code\":\"itemNotFound\",\"message\":\"The resource could not be found.\",\"innerError\":