KVM

This is an issue with the Virtual Machine Manager (virt-manager)

Use Linux-based Acronis Bootable Media with Windows-like representation to solve the issue

This is an issue with the Virtual Machine Manager (virt-manager)

バックアップアーカイブ(.tib)を Red Hat KVM 仮想コンピュータに変換する詳細手順

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10(すべてのエディション)

はじめに

Acronis Backup & Recovery 10 のバックアップアーカイブ(.tib)を Red Hat KVM 仮想コンピュータに変換することができます。

解決法

*一部英語版の画面が使用されていることをご了承願います。

List of virtual machine applications supported by the latest versions of Acronis products

This article applies to:

  • Acronis Backup (Acronis Backup & Recovery) 11.5

Step-by-step instructions on how to convert a backup archive (.tib) to a Red Hat KVM virtual machine

Once you have converted your backup archive into a virtual machine, you can import this manually to your Red Hat Enterprise Virtualization Environment. See Acronis Backup 11.7/11.5: Converting Backup Archive of a Windows System to a Virtual Machine.

Acronis Cyber Backup 12.5 では、カーネルベースの仮想コンピュータ(KVM)がサポートされます。KVM のバックアップを実行するには、仮想コンピュータのゲストOS内にエージェントをインストールする必要があります(エージェントレス バックアップはできません)。ゲストシステムにエージェントがインストールされた後は、バックアップおよび復元の操作は物理コンピュータと同じように実行できます。

KVMを保護するために、Acronis Cyber Backup Advanced Virtual Host ライセンスが必要です。一つのライセンスで、同じ一つのホスト上にある仮想コンピュータにエージェントを何個もインストールできます。

すでに弊社で Acronis Cyber Backup 12.5 との互換性テストが行われている KVM 管理ツールは、以下の通りです:

Acronis Cyber Backup 12.5 and Acronis Cyber Protect Cloud / Acronis Cyber Backup Cloud support Kernel-based virtual machines (KVM). Backup of KVMs can be done by installing Agent inside the guest OS of the virtual machine (agentless backup is not available). When an agent is installed in the guest system, the backup and recovery operations are the same as with a physical machine. Backup and recovery of KVM machines can also be done with bootable media.