Firewall

Allow the Network access for VMware Adapter on the "Network" tab

The port is chosen at random, the hostname is orders.acronis.com, and the Firewall exception is "Acronis Sync Agent Service"

Acronis 製品用のネットワーク設定。

本記事の対象製品:

  • Acronis Backup (Acronis Backup & Recovery, Acronis vmProtect)
  • Acronis True Image
  • Acronis Snap Deploy

事象

「接続を確立できません」のようなエラーが表示され、Acronis製品での操作は失敗します。 

原因

最も考えられる原因は、バックアップ エージェントまたは(例えば、Acronis Cloud ストレージの場合)バックアップ エージェントと接続先の間に存在するネットワークゲ ートウェイ・ルーターのファイアウォールにAcronis ポートがブロックされていることです。

ファイアウォールとは、トラフィック フローを制御するソフトウェアです。ファイアウォールは、コンピュータ自体または使用する各ネットワークルーターにインストールできます。Acronis が正常に動作できるように、Acronisの実行ファイル、ポートおよびホスト名はファイアウォールに許可されていなければなりません。

Summary:

With Windows, the firewall is on by default. If you choose to run your server with the firewall up, you will need to configure it to allow other computers to access Acronis Files Connect (formerly ExtremeZ-IP).

Make sure you have ports 9876 and 25001 open

This article applies to:

  • Acronis Backup Advanced 11.5 (Acronis Backup & Recovery 11.5)
  • Acronis Backup & Recovery 11

 

Symptoms

  1. You start remote installation of Acronis components.
  2. Installation fails with the following error messages:

    Failed to get information about remote machine

    Failed to connect to the service

    Failed to connect to Windows service

Setting up network for Acronis products.

場合によって、ウィルススキャンナーやその他のセキュリティ関連のプログラムが Acronis 製品の動作を妨げることがあります。このような問題は、該当するフォルダまたは実行ファイルを除外リスト、もしくはホワイトリストに追加することで解決できます。

Acronis ソフトウェアのコンポーネントまたはフォルダをセキュリティ プログラムの除外リストに追加した後、変更を同期するためにすべての Acronis サービスを再起動することが必要不可欠です。各サービスを再起動しないと、セキュリティプログラムは Acronis のコンポーネントをブロックし続ける可能性があります。

Acronis Backup 12.5 および 12 用のソリューション

以下のプログラムフォルダを除外もしくはホワイトリストに追加してください:

使用例

  1. 貴方の企業のネットワークは、暗号化されたトラフィックにのみ対応するファイアウォールまたは DPI(ディープ パケット インスペクション)を含む高度なセキュリティ制度を整えています。その場合、Acronis Connection Verification Tool(接続確認ツール)は接続に成功したことを報告しますが、バックアップには失敗します。チェーンの中で不明な証明書が存在すると、Acronis ストレージはその接続を拒否します。
  2. MacOS 用の Acronis Connection Verification Tool はまだありません。その代わりに、OpenSSL を使用できます。
  3. Acronis アカウントとのライセンスの同期に失敗します。

OpenSSL について

OpenSSL は、コマンドや使用シナリオの多い無償のツールです。この記事では、SSL ハンドシェイクを実行できるというその機能に集中し、その際に取得される証明書をお見せします。

In some situations, a security program like virus scanner or other security suites blocks the functionality of the product. You can solve such issues by adding program folders or executable to exclusion or to whitelist.

Use cases

  1. Your company's network has tight security, that incorporates firewalls or deep packet inspection software which interferes only with encrypted traffic. In this case, Acronis Connection Verification Tool will report the connection to be successful, yet the backup will fail. Once an unknown certificate is present in the chain, Acronis Storage rejects the connection.
  2. On MacOS, there is no Acronis Connection Verification Tool yet. OpenSSL can be used as a replacement for it.
  3. License sync with Acronis Account fails. 

Acronis 製品がネットワーク上で正しく動作するようには、ファイアウォールの設定で特定のポートを開く必要があります。

Acronis True Image は次のポートを使用します:

 

To let Acronis products operate properly in the network, you need to open specific ports in Firewall settings.