ExtremeZ-IP

While Windows uses access control lists (ACLs) exclusively to enforce security, the Macintosh uses any one of three different schemes: Mac-style folder permissions, UNIX permissions, or ACLs. Regardless of what scheme the Mac is using, Acronis Files Connect (formerly ExtremeZ-IP) must map the Windows ACL to each of these Macintosh schemes in order to provide the necessary file and folder security expected by the user and/or application.

セキュリティを実施するために、Windowsでは、アクセス制御リスト(ACL)のみが使われます。しかし、Macintoshでは、このセキュリティ スキームの何れかが使われます:Mac形式のフォルダのアクセス権、UNIX アクセス権、またはACL。使われているスキームにも関わらず、ユーザまたはアプリケーション、あるいはその両方に期待されるレベルのファイル・フォルダ セキュリティを提供するために、Acronis Files Connect (以前、ExtremeZ-IP)は上記の各スキームへWindows ACLを割り当てる必要があります。 

現在、Acronis Files Connect 5.2以降のバージョンでは、Macintoshのセキュリティ スキームがすべてサポートされています。以下の添付資料には、各スキームとAcronis Files Connectでのそのサポートの実現に関する議論がまとめられています。 

この資料の読者は、セキュリティ原則やWindowsとMacのセキュリティ スキームに関する用語の基礎知識を持っていることを期待されています。また、必要な場合、資料の最後にある簡単な用語集をご参照ください。 

Acronis Files Connect versions 10.0.4 and later have been tested for compatibility with macOS 10.12 ‘Sierra’. If you are running an earlier version of Acronis Files Connect, please install 10.0.4 or later to support Sierra client Macs.

Summary:

With Windows, the firewall is on by default. If you choose to run your server with the firewall up, you will need to configure it to allow other computers to access Acronis Files Connect (formerly ExtremeZ-IP).

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
1 + 0 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.