Configuration

As a workaround, configure the network settings manually in command line when booted in WinPE

This is a limitation. Configure the network settings manually in command line when booted in WinPE

Configure certain Windows events to be considered as critical

Configuring Acronis Access on the first run

This article applies to:

  • Acronis Access

エージェント for vCloud は、RabbitMQ AMQP ブローカーを介して vCloud Director からイベントを取得します

この記事は以下に適用されます。

  • Acronis Backup Advanced for vCloud

概要

エージェント for vCloud は、RabbitMQ AMQP ブローカーを介して vCloud Director からイベントを取得します。

vCloud Directorが既に RabbitMQ AMQP ブローカーを使用している場合は、エクスチェンジの種類が [topic] (トピック)に設定されていることを確認します。

RabbitMQ AMQP ブローカーがインストールされているが、vCloud Director で使用されていない場合は、ステップ 5 にスキップしてください。

Acronis Access の新しいバージョン(6.1以降)で利用可能な、構成情報を収集するコマンドラインベースのツールを紹介します。このツールは、問題が発生しているケースでサポートチームが必要とする全ての情報を収集するための簡単な方法を提供します。1台の Gateway サーバーまたは Access サーバーがインストールされているマシン上でこのツールを実行することにより、インストールされているコンポーネントについての情報だけが収集されます。

ツールは実行するマシンのローカル管理者、もしくはドメイン管理者によって実行される必要があります。Configuration Collection Tool は管理者によって手動で実行されない限り情報を収集しません。ツールは 64 ビットのオペレーティングシステム上でのみ動作します。

Agent for vCloud obtains events from vCloud Director via a RabbitMQ AMQP broker

In newer versions of Acronis Access (6.1 and later), we have introduced a command line tool which collects information about your configuration. This tool provides an easy way to give our support team all the necessary information about your setup in case you are experiencing issues. When running the tool on a machine with a single Gateway Server or a single Access Server installed, only the information about the installed component will be collected.

 

The issue is caused by the corruption in the registry key that contains information on VMware vCenter Integration

Recommendations in this article target deployment of Acronis Backup in environments of 200 to 1000 machines.

(!) If your environment is 1000+ machines, please contact Acronis Customer Central with a reference to this article. Acronis Professionals will analyze your environment and provide you with ad hoc recommendations.

一時ファイルは、バックアップ生成が完了するまでの間、全ての保留中の書き込みオペレーションを保存するコンテナです。

この資料の該当製品:

  • Acronis Backup & Recovery 10 (全エディション)
  • Acronis Backup& Recovery 11(全エディション)
  • Acronis Backup&Recovery 11.5(全エディション)

説明

一時スナップショットファイルを作成するのに十分なストレージスペースがない場合には、バックアップ処理は以下のメッセージを出力して失敗します。:

If there is not enough storage space to create the temporary snapshot file, the backup operation will fail with an error message similar to the following one:

Not enough storage is available to process this command

For detailed description of the snapshot process, see SnapAPI. This article describes what this temporary file is and how to modify its size.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
5 + 11 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.