bootmedia

Acronis True Image 2016では、レスキュー ブータブル メディア(Acronis True Image 2016のスタンドアロン バージョン)が作成できます。レスキュー ブータブル メディアを使って、クラッシュしたマシンまたはOSのないマシンを起動し、システムのイメージを復元できます。ブータブル メディアを作成する際、以下の手順に従ってください。

You can create a rescue bootable media - a standalone version of Acronis True Image 2016 that you can use to boot a crashed machine or a machine without any operating system and restore an image of your system. Follow these instructions to create a bootable media.

You can create a rescue bootable media - a standalone version of Acronis True Image that you can use to boot a crashed machine or a machine without any operating system and restore an image of your system. Follow these instructions to create a bootable media.

How to create Acronis Bootable Rescue Media on a Windows computer

1. In the Tools section, click Rescue Media Builder:

クラッシュしたコンピュータまたはオペレーティングシステムのないコンピュータを起動し、システムのイメージを復元できる Acronis True Image のスタンドアロン版として、レスキューブータブルメディアを作成できます。ブータブルメディアを作成するために、この手順に従ってください。

Acronis Survival Kit を作成する手順は、こちらをご参照ください。

Windows コンピュータで Acronis ブータブルレスキューメディアを作成する方法

1. [ツール] セクションで、[レスキューメディアビルダ] をクリックします:

Symptoms

1. Acronis Backup 12.5 and Acronis Disk Director 12.5 are installed on the same machine

2. You try to create Acronis Bootable Media with all components:

  • Acronis Backup
  • Acronis Universal Restore
  • Acronis Disk Director 12.5 (32-bit)
  • Acronis Disk Director 12.5 (64-bit)

3. Bootable media creation fails with the following error message:

Failed to create the bootable media

The specified file does not exist

事象

1. Acronis Backup 12.5 と Acronis Disk Director 12.5 が同じコンピュータにインストールされています。

2. 以下のすべてのコンポーネントを含む Acronis ブータブルメディアを作成しようとします:

  • Acronis Backup
  • Acronis Universal Restore
  • Acronis Disk Director 12.5(32ビット)
  • Acronis Disk Director 12.5(64ビット)

3. 以下のエラーメッセージが表示され、ブータブルメディアの作成に失敗します:

「ブータブル メディアの作成に失敗しました。」

「指定したファイルは存在しません。」

You can create a rescue bootable media - a standalone version of Acronis True Image that you can use to boot a crashed machine or a machine without any operating system and restore an image of your system. Follow these instructions to create a bootable media.

Introduction

If your Mac includes the Apple T2 chip then you need to modify Secure Boot settings in order to boot from Acronis Bootable Rescue Media and/or Acronis Survival Kit.

Solution

Secure Boot settings are available in Startup Security Utility:

クラッシュしたコンピュータまたはオペレーティングシステムのないコンピュータを起動し、システムのイメージを復元できる Acronis True Image のスタンドアロン版として、レスキューブータブルメディアを作成できます。ブータブルメディアを作成するために、この手順に従ってください。

Acronis Survival Kit を作成する手順は、こちらをご参照ください。
Windows コンピュータで Acronis ブータブルレスキューメディアを作成する方法

1. [ツール] セクションで、[レスキューメディアビルダ] をクリックします:

You can create a rescue bootable media - a standalone version of Acronis True Image that you can use to boot a crashed machine or a machine without any operating system and restore an image of your system. Follow these instructions to create a bootable media.

You are trying to perform recovery with Acronis bootable media. The source is iSCSI target.

You are able to connect to the iSCSI host, but unable to see anything inside and receive the following error:

iscsiadm: no records found

トラブルシューティングを行う際、Acronis ブータブルメディアが UEFI モードで起動するか、レガシ BIOS モードで起動するか調べなければいけない場合があります。

方法 1. ブータブルメディアのロード中の様子を確認できる場合、その最初の画面に注目してください:

Create bootable media with Acronis Bootable Media Builder to get access to all storage locations

Introduction

You can create a Linux-based or WinPE-based media using Bootable Media builder in the product: see Acronis Cyber Backup 12.5: how to create a bootable media

Make sure to specify a licence key during bootable media creation, otherwise backup will not be available.

Solution

 

  1. Boot from Acronis Bootable rescue media

事象

1. Acronis Cyber Backup 12.5 エージェント用にプロキシ設定が指定されています。

エージェントにプロキシ サーバーの設定が指定されているかどうか確認するには、以下のレジストリキーが存在するかどうかチェックしてください:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Acronis\MMS\Configuration\General\OnlineBackup\ProxyServer

2. このコンピュータ上で Linux ベースのブータブルメディアを作成しました。

3. このブータブルメディアを使って必要なデバイスを起動する際、ディスクとボリュームが表示されません。

原因

この製品の既知の問題です。プロキシ設定のあるコンピュータで作成された Linux ベースのブータブルメディアは、ディスクを検出できません。

Symptoms

  1. You attempt to recover a virtual machine on Citrix XenServer 7.1 or 7.2 using bootable media or via Recovery option in Cyber Protection console. Backup is located in Acronis Cloud storage.
  2. Recovery from Cloud Storage hangs and does not continue.
  3. After media hangs, network on VM is disconnected (e.g. you are unable to connect to the machine via SSH or you can see network disconnect in system information collected from Acronis bootable media)

Cause

事象

  1. インテル Optane によるシステム・アクセラレーション(高速化)を使用しています。
  2. Linux ベースのブータブルメディアを使ってコンピュータを起動すると、Optane アクセラレーションが適用されているディスクのボリュームが検出されません。

原因

Intel Optane メモリーによるシステム・アクセラレーションを使用している場合、Linux はサポートされません。詳細については、インテル® Optane™ メモリーに関するよくある質問 をご参照ください。

はじめに

32ビットの Acronis ブータブルメディア(Linux ベース)を作成したい場合は、Acronis Cyber Backup 12.5 の 32ビットのインストーラーを使用して32ビットの Windows オペレーティングシステムに Acronis ブータブルメディアビルダ コンポーネントをインストールしてください。これは、例えば、32ビットの Windows オペレーティングシステムを使用する暫定的な仮想コンピュータでも構いません。

32ビットのシステムにインストールすることが不可能な場合は、以下の回避策を使用すると、64ビットの Windows オペレーティングシステムにインストールされた Acronis ブータブルメディアビルダを使って 32ビットのブータブルメディアを作成できるようになります。

ソリューション

以下の手順は、Acronis Cyber Backup 12.5 アップデート 4 ビルド #14330 からインストールされた Acronis ブータブルメディアビルダ コンポーネントがすでに入っている 64ビットのコンピュータで行ってください:

すべての保存先にアクセスを取得するには、Acronis ブータブルメディア ビルダを使ってブータブルメディアを作成してください。

Symptoms

1. Proxy settings are specified for Acronis Cyber Backup 12.5 Agent. 

To verify whether proxy server settings are set on the Agent, check if the the following registry key exists:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Acronis\MMS\Configuration\General\OnlineBackup\ProxyServer

2. You created a Linux-based bootable media on this machine,

3. When you boot a target device with this bootable media, disks and volumes are not displayed.

はじめに

製品内のブータブルメディア ビルダを使って、Linux ベースまたは WinPE ベースのメディアを作成できます。詳細については、Acronis Cyber Backup 12.5: how to create a bootable media をご参照ください。

ブータブルメディアの作成中に必ずライセンスキーを指定してください。指定しないとバックアップが使用できなくなります。

ソリューション

 

  1. Acronis ブータブルレスキューメディアから起動します:

When performing troubleshooting you might need to know whether Acronis Bootable media is booted in UEFI or legacy BIOS modes.

Method 1. If you can see bootable media Loading, then pay attention to its initial screen:

Symptoms

  1. You use Intel Optane system acceleration 
  2. When you boot the machine with Linux-based bootable media, volumes of the disk with Optane acceleration are not detected

Cause

Why WinPE bootable media is needed?

Bootable media ISO-image downloaded for Acronis Cyber Protect Cloud contains a Linux-based bootable image with tool necessary to perform a recovery from existing backups. This image contains common freeware drivers that cover most of the regular recovery scenarios on different devices.

Symptoms

You try to boot Gen2 Hyper-V VM with Acronis Bootable Media

Media fails to boot with the following message:

The image's hash and certificate are not allowed (DB)

No UEFI-compatible file system was found.

Cause

Secure Boot is enabled on the VM. Secure Boot prevents boot from a Linux bootloader in the ISO file (the Linux bootloader neither signed nor certified by Microsoft).

This issue is not specific to Acronis Bootable Media. 

Symptoms

1. You installed Bootable Media Builder and appropriate Windows AIK/ADK for creating WinPE media.

2. WinPE media creation fails with the following error:

The user attempted to mount to a directory that is not empty. This is not supported.  

Introduction

Starting from Update 5 (Build 16180) both 32-bit and 64-bit components are installed during initial installation. This article applies to earlier builds.

If you need to create a 32-bit Acronis Bootable Media (Linux-based), install Acronis Bootable Media Builder component on a 32-bit Windows operating system using 32-bit installer of Acronis Backup 12.5. For example, this can be any temporary virtual machine running 32-bit Windows operating system.