アプライアンス

Appliance
Applience

Connection to Acronis Agent for ESX/ESXi (Virtual Appliance) fails after the ESX IP address change. As a result, scheduled Virtual Appliance backup tasks fail too

You are either trying to back up a free VMware ESXi using Acronis Agent for ESX/ESXi or you have not added a license to your paid version of VMware ESX/ESXi

Shut down the appliance, unmount all volumes of guest systems, uninstall the appliance and then install the one from the new build

この問題は修正済みです。

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server Virtual Edition(エージェント for ESX/ESXi)

事例

  1. 仮想アプライアンスを使用して Windows Server 2008 仮想コンピュータをバックアップします。
  2. その後で仮想アプライアンスを使用して新しい仮想コンピュータとして復元します。
  3. 復元されたシステムは起動できなくなります。

    Status:0xc0000225
    Info:The boot selection failed because a required device is inaccessible.

アプライアンスのシャットダウン、ゲストシステムのすべてのボリュームのアンマウント、アプライアンスのアンインストールの順に実行してから、新しいビルドからのアプライアンスをインストールします

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server - Virtual Edition

はじめに

Acronis エージェント for ESX/ESXi Virtual Appliance を新しいビルドからインストールする場合、その前に既存のものをアンインストールする必要があります。

解決法

  1. アプライアンスをシャットダウンします。
  2. アプライアンスを右クリックするか、[概要] タブを表示して、[設定の編集] を選択します。
  3. アプライアンス上にハードディスクが 4 つしかないことを確認してください。

    4 つより多くのハードディスクが存在している場合、ゲストシステムのボリュームの一部が仮想アプライアンスからアンマウントされていません。その場合、次の手順に従ってそれらのボリュームをアンマウントする必要があります。

ESX IP アドレスの変更後、Acronis エージェントfor ESX/ESXi(仮想アプライアンス)に接続できません。その結果、スケジュールされた仮想アプライアンスのバックアップタスクも失敗します

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server - Virtual Edition

事例

  1. VMware ESX サーバーに Acronis エージェント for ESX/ESXi(仮想アプライアンス)がインストールされています。
  2. Acronis 仮想アプライアンスの IP アドレスが変更されます。
  3. IP の変更後に Acronis 仮想アプライアンスへの接続が失敗します。スケジュールされた個々の仮想コンピュータのバックアップも失敗する場合があります。仮想コンピュータがすべてグレー表示されます。

原因

製品に問題があります。Acronis 管理サーバーによって Acronis 仮想アプライアンスに関するネットワーク情報が更新されていません。

Acronis Backup & Recovery 10 管理サーバーで、バックアップしたいすべての VMware ESX または ESXi サーバーの仮想コンピュータにエージェント for ESX/ESXi を簡単に配置することができます

この資料は、以下の製品に該当します。

Virtual Appliance does not support restore of files from a disk backup. If you need to restore files from a disk backup, please use Acronis Agent

These errors can be safely ignored or you can eliminate them with a workaround

修正済みの問題です

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server Virtual Edition

事例

  1. Acronis Backup & Recovery 10 をインストールし、vCenter の統合を有効にします。
  2. vCenter グループ経由で Acronis エージェント for ESX/ESXi(仮想アプライアンス)を配置し、Acronis 管理サーバーに仮想コンピュータを追加します。
  3. VMware VirtualCenter Server サービスを再起動します。
  4. Acronis エージェント for ESX/ESXi(仮想アプライアンス)によって保護されている仮想コンピュータが、Acronis 管理サーバーの仮想コンピュータのリストに表示されません。

原因

製品に問題があります。VMware VirtualCenter Server サービスを再起動すると、仮想アプライアンスによって仮想コンピュータに接続されます。

仮想コンピュータには一意の UUID が必要です

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server Virtual Edition

説明

Acronis Backup & Recovery 10 Advanced Server Virtual Edition の次のコンポーネントが、Universally Unique Identifier(UUID)によって仮想コンピュータを検出します。

  • Acronis エージェント for ESX/ESXi(仮想アプライアンス)
  • vCenter を統合した Acrons 管理サーバー

したがって、各仮想コンピュータに一意の UUID を割り当てる必要があります。同じ UUID の仮想コンピュータが複数存在する場合、1 つ目の仮想コンピュータのみが検出されます。

Acronis Backup & Recovery 10 Management Server provides an easy way to deploy Agent for ESX/ESXi to every VMware ESX or ESXi server whose virtual machines you want to back up

バックアップする前に仮想コンピュータの電源をオフにするか、仮想コンピュータから VMware Tools の「ボリュームシャドウコピーサービスサポート」機能をアンインストールします

この資料は、以下の製品に該当します。

As a workaround, change the guest operating system settings manually to Windows Server 2008 R2

The default credentials for Virtual Appliance-based installation are predefined. For Windows-based they are the ones of Administrator account of the machine with the Acronis Agent installed

This article describes how to deal with the situations when the Virtual Appliance backup/replication performance is low

Specify a random GUID on the "Notes" pane of the Virtual Appliance in vSphere

The recommendation is to use Virtual Appliance instead of Windows Agent

AcronisBackup&Recovery 10 エージェントforESX/ESXiVirtualApplianceのログをネットワーク共有に保存する方法

この記事の対象製品:

Windows エージェントの代わりに仮想アプライアンスを使用することをお勧めします。

この資料は、以下の製品に該当します。

  • Acronis vmProtect

説明

Acronis vmProtect 7 をインストールする方法には、ESX(i) ホストを仮想アプライアンスとして直接インストールする方法と、Acronis vmProtect Windows エージェントを ESX(i) インフラストラクチャの外部にある物理的な Windows コンピュータにインストールする 2 通りの方法があります。

First move the backup to a shared folder. Then move it to a place you wish

After Upgrade from Previous Version the Backup Fails with "Message: There is no activated subscription for account 'user@domain.com'.'".

Make sure you have the latest Virtual Appliance hardware and that you have no more than two disks

Virtual Appliance does not support restore of files from a disk backup. If you need to restore files from a disk backup, please use Acronis Agent

ページ