ウイルス対策ソフト

Antivirus
Anti virus

Acronis Backup & Recovery 10 tasks hang on 100% because of conflict with BitDefender

この警告メッセージは無視してください。修正済みの問題です

この資料は、以下の製品に該当します。

Go to the ESET NOD32 interactive window to unfreeze the operation

Acronis 製品用のネットワーク設定。

本記事の対象製品:

  • Acronis Backup (Acronis Backup & Recovery, Acronis vmProtect)
  • Acronis True Image
  • Acronis Snap Deploy

事象

「接続を確立できません」のようなエラーが表示され、Acronis製品での操作は失敗します。 

原因

最も考えられる原因は、バックアップ エージェントまたは(例えば、Acronis Cloud ストレージの場合)バックアップ エージェントと接続先の間に存在するネットワークゲ ートウェイ・ルーターのファイアウォールにAcronis ポートがブロックされていることです。

ファイアウォールとは、トラフィック フローを制御するソフトウェアです。ファイアウォールは、コンピュータ自体または使用する各ネットワークルーターにインストールできます。Acronis が正常に動作できるように、Acronisの実行ファイル、ポートおよびホスト名はファイアウォールに許可されていなければなりません。

To solve the issue, exclude managed vault and deduplication database from the antivirus scan

A backup attempt will fail if you have AhnLab antivirus enabled. Acronis software is incompatible with AhnLab software

Symptom:

Customers have reported the following symptoms while running Symantec AntiVirus Corporate Edition (Version 7.x and 8.x) with any version of Acronis Files Connect (formerly ExtremeZ-IP):

Symptom:

We have received reports from some users of Acronis Files Connect (formerly ExtremeZ-IP) running Symantec Corporate Antivirus that their server performance may degrade over time and hang the server. If you are running Symantec Corporate Antivirus - please consider updating the SYMEVNT.SYS file to the latest version.

 

Steps to Reproduce:

Install Symantec Corporate Antivirus and Acronis Files Connect on the same server.

 

Cause:

A bug in the Symantec Corporate Antivirus Symevent files.

 

Symptoms

1. BitDefender is installed on the same machine with Acronis Snap Deploy

2. You try to add machines to the list by specifying a file with MAC addresses

3. Operation fails with error:

Failed to execute asynchronous action

Cause

 BitDefender conflicts with Acronis Snap Deploy 5.

Solution

Add the following folders to exclusions by BitDefender:

C:\Program Files\Acronis\ 

Setting up network for Acronis products.

Acronis software needs exclusive access to your machine's disk to operate.

This means that antivirus software may conflict with Acronis products.

To eliminate the potential compatibility issues, you need to:

事象

アンチウイルス ソフトウェアまたは別のセキュリティ ソリューションがすでにインストールされているコンピュータに、Acronis True Image 2021 をインストールしたいと考えています。

あるいは、別のセキュリティ ソリューションがインストールされているコンピュータに Acronis True Image 2021 をインストールしてからは、コンピュータのパフォーマンスが大幅に劣化しました(プログラムが起動しない、プログラムの動作が遅い、コンピュータが予告なしで再起動する、起動が遅いなど)。

原因

1台のコンピュータに、複数のアンチウイルス ソリューションが入っていることが問題の原因です。

2つ以上のアンチウイルス ソリューションが同時に実行されている場合、以下のような競合が起こる可能性が高いです:

Description

Blue Screen of Death (BSOD), or system restart (depending on the configuration of the 'Startup and recovery' settings) can be observed on computers with DeviceLock Service and Kaspersky Endpoint Security 11 (antivirus) installed.

Comments

This is a know compatibility issue of Kaspersky Endpoint Security 11 (antivirus) with a number of other software products, including DeviceLock. For resolving this compatibility issue Kaspersky Lab released a private patch pf5038.

Symptoms

Installation of third-party endpoint security software (e.g. BitDefender Endpoint Security) fails or hangs on the machine where Acronis True Image 2021 is installed, even when Antivirus and Antimalware protection is disabled.

Cause

Acronis True Image 2021 and third-party endpoint security software use the same network filtering driver (bddci.sys) that cannot be shared.

Solution

Before installing third-party endpoint security software follow the steps below to remove bddci.sys driver:

Acronis True Image 2021 combines reliable backups with advanced security features - integrated anti-ransomware, cryptomining protection and antivirus - to protect you against today's threats.

This article contains frequently asked questions about new Advanced Antimalware Protection features of Acronis True Image 2021.

事象

Acronis エージェントがインストールされているコンピュータにサードパーティー製のエンドポイント セキュリティ ソフトウェア(たとえば、BitDefender Endpoint Security など)をインストールしようとして、インストールに失敗します。Acronis Cyber Backup ライセンスが使用されている、あるいは、アンチウイルスおよびマルウェア対策が無効になっている場合でも失敗します。

原因

Acronis Cyber Protect エージェントおよびサードパーティー製のエンドポイント セキュリティ ソフトウェアは共有できない同じネットワーク フィルタリング ドライバ(bddci.sys)を使用します。 

ソリューション

サードパーティー製のエンドポイント セキュリティ ソフトウェアをインストールする前に、以下の手順に従って bddci.sys というドライバを削除してください:

Exclude Acronis program folders, executable files and program data from the antivirus check.

Symptoms

You disabled Antivirus and antimalware protection via Pause protection -> Turn off protection.

Despite disabled protection, scheduled antivirus scan continues to run.

In Cyber Protection agent logs C:\ProgramData\Acronis\Agent\var\log\atp-agent you find the following message:

[error] [ScheduleServiceProxy] : UnscheduleTask()[...] No tasks for cmd

Cause

Issue in the product.

Symptoms

You have an antivirus or a different security solution in place and you want to install Acronis True Image 2021.

OR

After Acronis True Image 2021 is installed on a machine with a different security solution in place, the machine displays significant performance degradation, such as programs not running or running slowly, unexpected reboots, slow booting, etc

Cause

Two or more antivirus solutions are active on the same machine.

Symptoms

Installation of third-party endpoint security software (e.g. BitDefender Endpoint Security) fails or hangs on the machine where Acronis Agent is installed, even when Acronis Cyber Backup license is used or Antivirus & Antimalware protection is disabled.

Cause

Acronis Cyber Protect Agent and third-party endpoint security software use the same network filtering driver (bddci.sys) that cannot be shared.

場合によって、ウィルススキャンナーやその他のセキュリティ関連のプログラムが Acronis 製品の動作を妨げることがあります。このような問題は、該当するフォルダまたは実行ファイルを除外リスト、もしくはホワイトリストに追加することで解決できます。

Acronis ソフトウェアのコンポーネントまたはフォルダをセキュリティ プログラムの除外リストに追加した後、変更を同期するためにすべての Acronis サービスを再起動することが必要不可欠です。各サービスを再起動しないと、セキュリティプログラムは Acronis のコンポーネントをブロックし続ける可能性があります。

Acronis Backup 12.5 および 12 用のソリューション

以下のプログラムフォルダを除外もしくはホワイトリストに追加してください:

サイバープロテクションは、バックアップおよび復元、災害復旧、マルウエア対策、セキュリティ管理、リモートアシスタンス、監視および報告が統合されているオールインワン型のサイバー保護ソリューションです。

すべて展開 / すべて折りたたむ

You can use the links in this article to test if Acronis Antimalware protection is configured correctly.

Acronis True Image 2021 は、安心できるバックアップおよび高度なセキュリティ機能(統合型のランサムウェア対策、クリプトマイニング対策、アンチウイルスなど)を組み合わせたソリューションです。お客様のデバイスを現在のあらゆる脅威から守ります。

この記事には、Acronis True Image 2021 に新しく導入された高度なアンチマルウェア保護機能に関するよくある質問と回答を紹介しています。 

すべて展開 / すべて折りたたむ

この記事に記載されたリンクを使って、Acronis マルウェア対策保護が正しく設定されていることをテストできます。

While attempting to install LogMeIn Antivirus to a machine that has Acronis Cyber Protect Cloud (build 22210 or newer) already installed the installation fails with:

Installation failed! LogMeIn Antivirus cannot be successfully installed.

or

Bitdefender installation failed Bitdefender could not be installed because it is already existing security software is installed: Acronis Cyber Protect

Cyber Protection represents an all-in-one cyber protection solution that integrates backup and recovery, disaster recovery, malware prevention, security controls, remote assistance, monitoring, and reporting.

Expand All / Hide All

Introduction

This article explains how to temporarily turn off Windows Defender Antivirus in case it conflicts with Acronis software on Windows 10, e.g. prevents successful software installation or update/upgrade.

はじめに

この記事では、Windows 10 上で Windows Defender ウイルス対策が Acronis ソフトウェアと衝突する(たとえば、ソフトウェアの正常なインストールまたはアップデート・アップグレードを阻むなど)場合にそのウイルス対策を一時的に無効にする方法を紹介しています。

ページ