69194: Acronis Cyber Protect Cloud: バックアップ エージェントを手動で登録する方法

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

    Last update: 07-07-2021

    事象

    Acronis バックアップエージェントのインストールに成功しましたが、その登録には失敗し、対象のコンピュータは Cyber Protection コンソールに表示されません。

    あるいは、エージェントのコンピュータを別のバックアップ アカウントに登録し直す必要があります。

    ソリューション

    手動でバックアップ エージェントを登録するために、以下の手順を使用してください。

    以下の各コマンドで使用されているアカウント名およびパスワードは、パートナーレベルの管理者アカウントの認証情報ではなく、必ずバックアップ ユーザーのアカウントの認証情報にする必要があります。

    お使いのパスワードに特殊記号または空白が含まれている場合は、引用符を使用してください。

    以下の手順は、Acronis Cyber Protect Cloud 7.8 およびそれ以降のバージョンに適用できます。この製品のより古いバージョンを使用する場合は、こちらをクリックしてください。

    Windows オペレーティングシステム

    1. コマンドプロンプトを開き、C:\Program Files\BackupClient\RegisterAgentTool に移動します:
      cd "%ProgramFiles%\BackupClient\RegisterAgentTool"
    2. アカウントとパスワードを使ってエージェントのコンピュータを登録するために、次のコマンドを実行します:

      register_agent.exe -o register -t cloud -a https://cloud.acronis.com -u <アカウント> -p <パスワード>

      上記のコマンドを実行する際、<アカウント> および <パスワード> はバックアップ ユーザーのアカウントの認証情報に変えてください。パスワードに特殊記号が含まれている場合、こちらの手順 に従ってください。

      あるいは、以下のコマンドを実行すると、登録トークンを使ってエージェントのコンピュータを登録できます:
      "C:\Program Files\BackupClient\RegisterAgentTool\register_agent.exe" -a <使用するデータセンター> --token <トークン> -o register -t cloud

      上記のコマンドの <使用するデータセンター> は Cyber Protection コンソールにログインしたときにブラウザで表示されるデータセンターのアドレスに変えてください(たとえば、https://au1-cloud.acronis.com)。

    Linux オペレーティングシステム

    1. root ユーザーとしてターミナルを開きます。
    2. アカウントとパスワードを使ってエージェントを登録するために、次のコマンドを実行します:
      /usr/lib/Acronis/RegisterAgentTool/RegisterAgent -o register -t cloud -a https://cloud.acronis.com -u <アカウント> -p <パスワード>

      上記のコマンドを実行する際、<アカウント> および <パスワード> はバックアップ ユーザーのアカウントの認証情報に変えてください。パスワードに特殊記号が含まれている場合、こちらの手順 に従ってください。

      あるいは、以下のコマンドを実行すると、登録トークンを使ってエージェントのコンピュータを登録できます:
       /usr/lib/Acronis/RegisterAgentTool/RegisterAgent -o register -t cloud -a <使用するデータセンター> --token <トークン>

      上記のコマンドの <使用するデータセンター> は Cyber Protection コンソールにログインしたときにブラウザで表示されるデータセンターのアドレスに変えてください(たとえば、https://au1-cloud.acronis.com)。

    OS X

    1. ターミナルを開きます。
    2. アカウントとパスワードを使ってエージェントのコンピュータを登録するために、次のコマンドを実行します:
      sudo "/Library/Application Support/BackupClient/Acronis/RegisterAgentTool/RegisterAgent" -o register -t cloud -a https://cloud.acronis.com -u <アカウント> -p <パスワード>

      上記のコマンドを実行する際、<アカウント> および <パスワード> はバックアップ ユーザーのアカウントの認証情報に変えてください。パスワードに特殊記号が含まれている場合、こちらの手順 に従ってください。

      あるいは、以下のコマンドを実行すると、登録トークンを使ってエージェントのコンピュータを登録できます:
      sudo "/Library/Application Support/BackupClient/Acronis/RegisterAgentTool/RegisterAgent" -o register -t cloud -a <使用するデータセンター> --token <トークン>

      上記のコマンドの <使用するデータセンター> は Cyber Protection コンソールにログインしたときにブラウザで表示されるデータセンターのアドレスに変えてください(たとえば、https://au1-cloud.acronis.com)。

     

    トラブルシューティング

    使用するパスワードに特殊記号が含まれており、正しい認証情報を提供しているのに以下のエラーが表示される場合、この手順に従ってください:

    1. 対象のパスワードを BASE64 でエンコードします: https://www.base64encode.org/
    2. -b または --base64 というパラメータを使って、エンコードしたパスワードを指定します。Windows エージェントの場合、以下の形になります:
      register_agent.exe -o register -t cloud -a https://cloud.acronis.com -u <アカウント> -b -p <エンコードしたパスワード>

    現在のバックアップ アカウントから別のバックアップ アカウントにエージェントを登録し直そうとして失敗する場合は、まずは対象のエージェントの登録を解除してみてください:

    1. コマンドプロンプトを開き、C:\Program Files\BackupClient\RegisterAgentTool に移動します:
      cd "%ProgramFiles%\BackupClient\RegisterAgentTool"
    2. エージェントのコンピュータの登録を解除するために、次のコマンドを実行します:

      register_agent.exe -o unregister 

     

    タグ: