68366: Acronis Cyber Protect 15: 保護計画のエクスポートおよびインポートを行う方法

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Last update: 23-03-2021

この記事には、保護計画をエクスポートまたはインポートする方法を紹介しています。

はじめに

Acronis Cyber Protect 15(Advanced エディション)では、移行やトラブルシューティングなどの目的で保護計画のエクスポートおよびインポートを行うことができます。

ソリューション

1つまたは複数の計画をエクスポートする方法:

  1. Web コンソールを開きます。
  2. [計画] タブに移動し、エクスポートする計画が入っているセクション(たとえば、[保護])を選択します:
  3. エクスポートする計画(1つまたは複数)を選択します。右側で開いたペインで [エクスポート] をクリックします:

    1つの計画をエクスポートする場合、ファイルは .json 形式で保存されます。

    複数の計画をエクスポートする場合、対象の計画の .json ファイルは1つの .zip アーカイブに圧縮されます。それらの計画を管理コンソールにインポートする前に、アーカイブを解凍する必要があります。

エクスポートされた計画(1つまたは複数)をインポートする方法:

  1. Web コンソールを開きます。
  2. [計画] タブに移動し、インポートしたい計画の属するセクション(たとえば、[保護])を選択します:
    必ず適切なセクションを選択するようご注意ください。たとえば、保護計画の場合は [保護]、ベリファイ計画の場合は [ベリファイ] を選ぶ必要があります。選択したセクションが対象の計画の種類に合わなければ、インポートに失敗します。
  3. [インポート] をクリックします:
  4. インポートする計画のファイル(1つまたは複数)を選択し、[開く] をクリックします。.json 形式のファイルのみサポートされます。
    同時に複数の計画をエクスポートした場合、その .json ファイルは1つの .zip アーカイブに圧縮されています。それらの計画を管理コンソールにインポートする前に、アーカイブを解凍する必要があります。

追加情報

Acronis Cyber Protect 15 の Standard ライセンスをご使用の場合は、計画の集中管理および [計画] タブは使用できませんので、ご注意ください。