67405: Acronis True Image 2021:WinPEベースまたはWinREベースのメディアでコンピューターを復元する方法

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Last update: 23-12-2020

WinPEメディアまたはWinREメディアについては、ここを参照してください。
ブータブルメディアの作成方法については、ここを参照してください。

詳細な手順については、ここをクリックしてください。

システムをリカバリするには

  1. 復元に使用するバックアップが保存されている外付けドライブがある場合はそのドライブを接続し、ドライブの電源がオンになっていることを確認します。
  2. レスキューメディアデバイス(CD、DVD、またはUSBメモリ。Acronis Survival Kitを使用する場合は外付けUSB HDD)が最初の起動デバイスになるように、BIOSでのブート順を並べ替えます。BIOSまたはUEFI BIOSでの起動順の並べ替えを参照してください。
    UEFIコンピューターを使用する場合は、UEFI BIOSでのブータブルメディアの起動モードに注意してください。起動モードがバックアップ内のシステムの種類と一致するようにすることをお勧めします。バックアップにBIOSシステムが含まれている場合は、BIOSモードでブータブルメディアを起動します。システムがUEFIの場合は、UEFIモードが設定されていることを確認します。
  3. レスキューメディアから起動します。起動可能な環境が読み込まれるのを待ちます。
  4. Acronis True Image 2021のウィンドウが表示されます。
  5. [ホーム] 画面で、[リカバリ] の下の [マイディスク] を選択します。

  6. 復元に使用するシステムディスクまたはパーティションバックアップを選択します。
    バックアップが表示されない場合は、[参照] をクリックして、バックアップのパスを手動で指定します。

  7. [復元方法] の手順で [ディスクとパーティション全体をリカバリ] を選択します。
  8. アーカイブで使用可能な復元ポイントが [復元ポイント] 画面に表示されます。復元ポイントとは、特定の日付と時刻におけるコンピューターのデータのスナップショットのことです。システムのリカバリ先の日付と時刻を選択します。

  9. リカバリ対象画面で、システムディスクを探し、その横のチェックボックスをオンにします。ウィザードで不要な設定の操作をしないようにするには、たとえば「Disk 1」のようなディスクタイトルの横にあるチェックボックスをオンにします。EFIシステムパーティション、C:、リカバリパーティションなどの各パーティションのチェックボックスではありません。
  10. 「Disk 1の復元先」を確認し、正しければ [次へ] をクリックします。正しくない場合は、[次へ] をクリックする前に、必要に応じて設定を変更します。容量の異なる新しいハードディスクにリカバリする場合は、設定の変更が必要になります。

    ターゲットディスクにデータが含まれている場合は、データが消去されるという確認がAcronis True Imageから表示されます。データの削除はこの手順では行われません。[続行] をクリックして復元を開始するまで、データは上書きされません。
  11. [まとめ] の手順で、処理のまとめを注意深く確認します。まとめを確認したら、[続行] をクリックして復元を開始します。
  12. 処理が終了したら、スタンドアロン版のAcronis True Image 2021を終了し、レスキューメディアを取り外して、リカバリしたシステムパーティションから起動します。Windowsを必要な状態にリカバリしたことを確認してから、元のブート順を復元します。

タグ: