64889: Acronis Cyber Backup 12.5: バックアップコンソールのログインのページにある [現在のWindowsユーザーとしてサインイン] オプションを無効にする方法

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Operating Systems: 

Last update: 金, 2020-05-01 06:16

はじめに

この記事には、Acronis Cyber Backup 管理コンソールに接続するとき、現在の Windows ユーザーとしてサインインするというオプションを無効にする方法を説明しています。

ソリューション

管理サーバーのインストールされているコンピュータで、以下の手順を実行してください:

1. このコンピュータに Active Protection 計画が適用されている場合は、構成ファイルの編集を可能にするために、一時的に [自己保護] 機能を無効にします。

2. 管理者としてメモ帳を開始し、編集用に C:\Program Files\Acronis\AccountServer\account_server.json というファイルを開きます。

3. 以下の文を探します:

"connectors": [
    { "type": "sspi", "name": "1 Windows Integrated Logon" },
    { "type": "local", "name": "2 Form-based"  }
  ],

そこから、以下の行を削除します:

{ "type": "sspi", "name": "1 Windows Integrated Logon" },

それから、変更を保存します。

4. このコンピュータで以下の Acronis サービスを再起動します:

  • Acronis Management Server Service;
  • Acronis Service Manager Service;
  • Acronis ZeroMQ Gateway Service.

5. ステップ1で [自己保護] 機能を無効にした場合、再度有効にします。

上記のように変更を行うと、コンソールではユーザー名とパスワードを入力するオプションのみ表示されるようになります:

 

タグ: