63680: Acronis Cyber Backup:「データベースがバックアップされませんでした。データベース ファイルがシングル パス バックアップに含まれていません」エラー

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Last update: 金, 2020-05-01 06:16

事象

1. Microsoft SQL Server のために、アプリケーションアヴェア バックアップ計画を作成しました。

2. バックアップは完了しますが、以下の警告が表示されます:

「インスタンス 'インスタンス名' の SQL Server データベース 'データベース名' がバックアップされませんでした。データベース ファイルがシングル パス バックアップに含まれていません。」

 

原因

1. データベースのファイルが入っているフォルダはバックアップ対象から除外されています。

2. SQL データベースの AUTO_CLOSE プロパティが有効にされています。このプロパティが有効にされている場合、最後のユーザーがデータベースを出た後、データベースはシャットダウンされます。またユーザーの誰かがこのデータベースを使用しようとしたとき、データベースはまた自動的に開きます。このオプションが有効にされているとき、バックアップの過程に支障が出てしまいます(現在、サードパーティーによる VSS バックアップのリクエストにおいて、SQL Server SQLWriter は AUTO_CLOSE データベースに正しく対応できません)。データベースのバックアップに成功するために、AUTO_CLOSE を無効にしてください。 

ソリューション

1. バックアップしたいデータベースのファイルが入っているフォルダが、バックアップ計画のファイルフィルタによってバックアップ対象から除外されていないか確認します。そのために、バックアップ計画のオプションに移動し、[ファイルフィルタ] を開きます。そこで、[次の条件に一致するファイルをバックアップしない] の入力フィールドに必要なデータベースのファイルへの物理パスが入っていないことを確認します:

2. 管理者としてコマンドラインを開始し、以下のコマンドを実行します:
mountvol.exe "<必要なデータベースのファイルへのパス>" /L

このコマンドは、指定されたフォルダのマウントされたボリューム名を一覧表示します。必要なデータベースのファイルのロケーションがマウントポイントであることが分かった場合は、バックアップ計画にこのデータベース ファイルの実際のロケーションを追加します。

3. Microsoft 製品資料の説明に従い、AUTO_CLOSE データベース オプションを OFF に設定します。

タグ: