63487: サブスクリプションの自動更新を無効にする方法

以下のサブスクリプション ベースの製品のどちらかを持っている場合、この記事を適用できます:

  • Acronis True Image サブスクリプション
  • Acronis Backup (Advanced) サブスクリプション
  • Acronis Cloud Storage サブスクリプション

サブスクリプション ベースの製品には、自動更新のオプションがあります。つまり、次のサブスクリプション期間の支払いの請求が自動的に行われ、サブスクリプションはまた1年間延長されます。

この記事には、自動更新が有効になっているかどうかチェックする方法、そして、必要な場合にそれを無効にする方法を紹介しています。

自動更新を無効にすると、将来の更新のお支払いは請求されませんが、今までの注文の返金はされません。

1. 購入後に届いたインボイス メールを開き、[定期購入を管理] セクションに移動します。注文に含まれている各サブスクリプションのために、個別のリンクがあります。

例えば、Acronis True Image サブスクリプションと Acronis Cloud Storage を購入した場合、メールは以下のような形になります:

2. 管理するサブスクリプションを選択します。

3. 自動更新が有効になっている場合、[定期購入をキャンセル] オプションを使用できます。そのオプションをクリックすると、自動更新は無効になります:

4. 自動更新がすでに無効になっている場合は、[再アクティブ化] をクリックして、次のページで [自動更新を確認] をクリックすると、自動更新はまた有効になります:

5. 変更が確定した後、メールアドレスにその旨を伝えるメールが届きます。

タグ: