63484: Acronis Cyber Backup: スナップショット作成中に Hyper-V 仮想コンピュータを使用できない場合

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

Operating Systems: 

Hyper-V 仮想コンピュータのスコープ スナップショットを無効にしましょう。

事象

  1. ホストにあるエージェント for Hyper-V を使用して、仮想コンピュータのエージェントレス バックアップを作成します。
  2. バックアップはオフラインで行われます(詳細については、Microsoft Technet: Understanding online and offline backups をご参照ください)。結果として、バックアップ開始後に対象の仮想コンピュータは数分の間使用できません(保存済み状態になります)。
  3. バックアップは正常に開始され、正常に完了します。

原因

この問題が発生した場合、以下の原因のどちらかを考えられます:

  1. [バックアップ(ボリュームチェックポイント)] が無効になっています。ソリューション1をご参照ください。
  2. ゲスト OS の VSS スナップショットは、スコープ スナップショットを使用するように設定されています。ソリューション2をご参照ください。
    その結果、コピーオンライト(シャドウ)スナップショットにはボリュームに入っているすべてのファイルではなく、特定のファイルのみ含まれます。スコープ スナップショットは、主に Windows の重要なアップデートの際に使われます。対象の仮想コンピュータの Windows アプリケーション イベント ログには以下のエラーメッセージが表示されます:
    イベント ID: 13 
    説明: Windows cannot perform an online backup of this system because scoped snapshots are enabled. To resolve this, disable scoped snapshots by creating the following registry value on this computer: 
    パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\SystemRestore\ 
    DWORD: ScopeSnapshots 
    値: 0 
    Incorrectly editing the registry may severely damage your system. Before making changes to the registry, you should back up any valued data on the computer. (日本語訳: レジストリを誤って編集すると、システムに重大な障害をもたらす可能性があります。 レジストリを変更する前に、コンピューターにある重要なデータをバックアップしてください。

ソリューション

ソリューション 1
対象の仮想コンピュータの設定で、[バックアップ(ボリューム チェックポイント)] にチェックを入れます:

ソリューション 2
エラーメッセージに記載された指示に従って、スコープ スナップショットを無効にします:

  1. Windows レジストリ―を開きます([スタート] -> 検索 -> regedit.exe )。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\SystemRestore\ で ScopeSnapshots という新規の DWORD パラメータを作成します。そのパラメータの値は「0」を指定します。

上記のソリューションを実行しても問題が解決しなかった場合、Diskshadow を使ってスナップショットの作成をチェックしてください。Diskshadow を使ってスナップショットを作成するときもコンピュータがオフラインになってしまう場合は、この問題は Acronis Cyber Backup だけの問題ではありません。その場合、Microsoft サポートへお問い合わせください。

追加情報

何かご不明な点や問題がありましたら、Acronis カスタマーセンターへお問い合わせください。

タグ: