63070: Acronis Backup:「You do not have access rights to this file」というエラーが表示され、ESXi 仮想コンピュータのバックアップに失敗する場合

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

事象

  1. 以下のエラーが表示され、エージェント for VMware を使ったバックアップに失敗します:

    You do not have access rights to this file(日本語訳: 「このファイルにアクセスするのに十分な権限を持っていません。」)

 2. バックアップ ログには、以下のようなメッセージが載っています:
VMware_VDDK: [NFC ERROR] NfcNewAuthdConnectionEx: Failed to connect to peer. Error: サーバー'サーバー名'に接続できませんでした。

原因

通常、このエラーはネットワーク内でDNSに関する問題が発生していることを示します。エージェント for VMware(エージェント for VMware(Windows 用)または仮想アプライアンス)がインストールされているコンピュータが、vCenter のホスト名には正常にアクセスできても、ESXi のホスト名を IP アドレスに解決できないという問題です。上記の「ESXi のホスト名」というのは、vCenter の構成を閲覧する際に vSphere クライアントで表示されるホスト名と同じ名前です(例えば、vCenter 内のホストの登録名)。

ソリューション

1. エージェント for VMware 側で DNS サーバーアドレスの設定を行います。そのために、vSphere クライアントからアプライアンスコンソールを開き、ネットワークのセクションに移動します。そこで、DNS サーバーのアドレスを指定します。

その後は、Ctrl+Shift+F2/F1 というキーの組み合わせを使ってコマンドプロンプトに切り替えます(またグラフィカル ユーザー インターフェイスに戻りたいときは、Alt+F1/F2 を押してください)。コマンドプロンプトでは、ping [ESXiホストのホスト名] を実行して、名前の解決に成功するかを確認します。

Windows ベースのエージェント上のDNSサーバーの設定は通常正しく設定されているため、この問題はアプライアンスにのみ発生することが多いです。Windows ベースのエージェントにこのような問題がある場合は、Windows の一般的なネットワーク構成ユーティリティのどちらかを使用して、設定を行ってください。

2. また、WinSCP ユーティリティを使用して仮想アプライアンスに接続して、アプライアンス側の /etc/hosts ファイルに必要なIPと名前の組み合わせを追加することもできます:

  1. http://winscp.net/eng/download.php からWinSCP ユーティリティをダウンロードし、Windows コンピュータにインストールします。WinSCP(Windows Secure CoPy)とは、Microsoft Windows 用の無償かつオープンソースの SFTP、SCP および FTP クライアントです。
  2. 仮想アプライアンスに移動し、コマンドラインのインターフェイスに切り替えるために、CTRL+SHIFT+F2 を押します。仮想アプライアンスのコマンドラインに以下のコマンドを入力します:
    /bin/sshd
  3. ステップ1でWinSCP ユーティリティをインストールしたコンピュータで、そのユーティリティを実行します。
  4. ホストコンピュータのフィールドには、自分の仮想アプライアンスの IP を入力します。vSphere コンソールで表示されるのと同じ IP です。デフォルトのログインは root 、デフォルトのパスワードも root です。
  5. プロトコルとして SCP を選択します。それから、ログインのボタンをクリックします。
  6. アプライアンスのすべてのディレクトリがリストアップされているウィンドウ(Windows Commander 形式のインターフェイス)が表示されます。
  7. /etc/hosts ファイルをWinSCP テキストエディタで開き(F4)、必要な IPと名前の組み合わせ(一つまたは複数)をこのファイルに追加します。