62870: Acronis Cyber Backup 12.5: KVM のサポート

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Acronis Cyber Backup 12.5 では、カーネルベースの仮想コンピュータ(KVM)がサポートされます。KVM のバックアップを実行するには、仮想コンピュータのゲストOS内にエージェントをインストールする必要があります(エージェントレス バックアップはできません)。ゲストシステムにエージェントがインストールされた後は、バックアップおよび復元の操作は物理コンピュータと同じように実行できます。

KVMを保護するために、Acronis Cyber Backup Advanced Virtual Host ライセンスが必要です。一つのライセンスで、同じ一つのホスト上にある仮想コンピュータにエージェントを何個もインストールできます。

すでに弊社で Acronis Cyber Backup 12.5 との互換性テストが行われている KVM 管理ツールは、以下の通りです:

  • Proxmox 
  • oVirt
  • QEMU

ご使用のKVM 管理ツールが上記のリストに載っていない場合も、それがサポートされていない訳ではありません。仮想コンピュータ内にインストールされたバックアップエージェントは、KVM ハイパーバイザを検出するために、仮想ハードウェアのシグネチャ(署名)をチェックします。そのチェックは、使用されている KVM 管理ツールには関係ありません。上記のリストは、あくまでもご参考までに載せております(今後、他の項目も追加する予定です)。 

 

タグ: