61943: Acronis Backup: エージェント上で特定の VDDK 転送モードを無効にする方法

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

説明

ご自分の環境でバックアップのパフォーマンスを改善するために、特定の VDDK 転送モードを無効にしなければならない場合があります。

エージェント for VMware(仮想アプライアンス)上で特定の VDDK 転送モードを無効にする方法:

1. WinSCP ユーティリティを使って、Acronis Backup アプライアンスに接続します。

2. WinSCP テキストエディタ (F4) で、/etc/Acronis/VirtualWare.config ファイルを開きます。

3. 「DisabledTransport」値に、無効にする転送モードのリストを追加します。複数の転送モードを入力する際、「:」で区切ります。

使用可能な値は、次の通りです: "hotadd:san:nbd:nbdssl:file".

以下の例をご確認ください:

WinSCP ビュー: hotadd 転送モードにされています。

アプライアンスのユーザーインターフェイスのビュー: hotadd 転送モードが無効にされていますています。

4. 変更したファイルを保存してから、アプライアンスを再起動します。

エージェント for VMware(Windows)上で特定の VDDK 転送モードを無効にする方法:

1. Windows レジストリエディターを開きます([スタート] -> 検索 -> regedit.exe と入力し、Enter キーを押します)。 

2. 以下のキーに移動します:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Acronis\VirtualWare\VMwareESXServer\VixDiskLib\

3. このキーの中で、文字列値 DisabledTransport を探します。この文字列値を編集し、無効にする転送モードのリストを指定します。複数の転送モードを入力する際、「:」で区切ります。

使用可能な値は、次の通りです: "hotadd:san:nbd:nbdssl:file".

以下の例をご確認ください:

4. Acronis Managed Machine サービスを再起動します。そのために、[スタート] -> 検索 -> services.msc と入力し、Enter キーを押します。それから、「Acronis Managed Machine サービス」を見つけて、[再起動] をクリックします。 

タグ: 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
1 + 0 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.