61411: Acronis Backup 12.5:「アクセス許可が拒否されました」エラーが表示され、Acronis Storage における格納域の作成に失敗する場合

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

事象

Acronis Backup 12.5 と Acronis Storage を使用しています。Acronis Storage Gateway のクラスタをAcronis Backup に登録しました。これから、バックアップ ロケーション(格納域)を作成しようとしています。

しかし、以下のエラーが表示され、格納域の作成に失敗します:

メッセージ: astor_file_open(path='/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/folder.info') for append failed: error -37: "Permission denied" (日本語訳: アクセス許可が拒否されました。)

ソリューション

1. /mnt/vstorage/vols/abgw-config/certs/.abgw.abc-registration-info を開いて、このファイルのコンテンツにある setup-id 行をメモします:

cat /mnt/vstorage/vols/acronis-backup/certs/.abgw.abc-registration-info

出力の例:

.type = abgw.abc-registration-info.0
abc-url = https://cloud.acronis.com
abc-account = user@client.com
setup-id = ba34ad41bffc40eb70a3f5d11252d6f61-5533126840

2. その内容で、/mnt/vstorage/vols/acronis-backup/conf.d/dc_uid を作成します: 

dc_uid=<setup-id>

例えば、以下のコマンドを使用します(こちらの setup-ID の内容は上記の例から引き継いだもので、使用する際はご自分の setup-ID に変えてください):

echo "dc_uid=ba34ad31bffc30eb70a4f5d11252d6f61-5533126840" > /mnt/vstorage/vols/acronis-backup/conf.d/dc_uid

3. vstorage-abgw.service を再起動します。そのために、Acronis Storage の SSH コンソールでこのコマンドを実行します:

systemctl restart vstorage-abgw.service

4. Acronis Backup Gateway サービスが正常に開始されたことを確認するために、Acronis Backup Gateway のログファイルに以下の行があるかどうかチェックします:

zstdcat /var/log/vstorage/abgw.log.zst | tail -n 100

09-04-18 05:34:24.543 start: Started prometheus provider at 0.0.0.0:44444

5. これで、格納域を作成できるようになります。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
11 + 9 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.