61301: Acronis Backup 12.5: 英語以外のローカリゼーションのWindowsにエージェントがインストールされている場合、「このファイルにアクセスする権限がありません」エラーが表示され、ESXi 仮想コンピュータのバックアップに失敗します

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

事象

1. 英語以外のローカリゼーションのWindows コンピュータにエージェント for VMware(Windows)をインストールしました。

2. Acronis サービスの実行に使用したユーザーアカウントのユーザー名に英語以外の文字が含まれています。

3. 以下のエラーが表示され、ESXi 仮想コンピュータのバックアップ操作に失敗しました:

エラーコード: 32771
モジュール: 114
行情報: 0xF56319586DEDC182
フィールド: {"$module":"disk_bundle_tape_off_glxa64_7970"}
メッセージ: バックアップの準備ができませんでした。

------------------------

エラーコード: 94
モジュール: 83
行情報: 0xC61573F663F5D8EE
フィールド: {"$module":"esx_srv_glxa64_7970"}
メッセージ: 仮想ディスク ファイル '[データストア] 仮想コンピュータの名前/仮想コンピュータの名前.vmdk' を開けませんでした。

------------------------
エラーコード: 13
モジュール: 0
行情報: 0xC61573F663F5D7CA
フィールド: {"$module":"esx_srv_glxa64_7970"}
メッセージ: You do not have access rights to this file (日本語訳: このファイルにアクセスする権限がありません。)

原因

パス名が UTF-16 の文字を含むとき、VMware にこの問題が発生します。VixDiskLib_Open() に指定されたパス名にUTF-16の文字があると、仮想ディスクのライブラリはファイルの検出に失敗します。例えば、Windows 2008 では、Temp\vmware-système\*vm* というパス名に è というUTF-16の文字が入っていますが、VixDiskLib はUTF-8 を予測しています。

この問題の根本原因は、VMware にあります。パス名に非UTF8の文字が入っていますから、VDDK は非英語のWindows の一時ディレクトリを開けません。

ソリューション

1. 構成ファイルで Temp のパス名をオーバーライド(上書き)する必要があります。そのために、UTF-16ではないパス名を使用するtmpDirectory キーを設定します。まずは、このファイルを作成するか、すでに存在するファイルを編集します:

C:\Program Files\Common Files\Acronis\VirtualWare\VixDiskLib\vixDiskLib.config

2. このファイルに以下の一行を追加します:

tmpDirectory = "<temp path>"

(<temp path> は、存在する空のディレクトリのパスに変えます。このパスにUTF-16の文字がないようにディレクトリを選んでください。例えば、D:\Temp など

3. 変更を保存してから、ファイルを閉じます。

4. Acronis Managed Machine サービスを再起動します。

追加情報

Acronis Backup: operations with a virtual machine fail with "NBD_ERR_NETWORK_CONNECT" もご参照ください。