61252: Acronis Backup 12.5:「SOAP 1.1 fault: SOAP-ENV:Client」エラー

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

事象

仮想アプライアンスをデプロイしようとしています(Webコンソールで [追加] をクリックし、[VMware ESXi] を選択します)。あるいは、ESX(i)ホストまたはvCenterの認証情報を変更しようとしています。

しかし、以下のエラーが表示されます:

Failed to connect to ESX server '[ホスト名またはIP]'.
Failed to connect to ESX server 'https://[ホスト名またはIP]/sdk'.

1) SOAP 1.1 fault: SOAP-ENV:Client[no subcode] "D" Detail: connect failed in tcp_connect()

または

2) SOAP 1.1 fault: SOAP-ENV:Client[no subcode] "Host not found" Detail: get host by name failed in tcp_connect()

または

3) SOAP 1.1 fault: SOAP-ENV:Client[no subcode] "No connection could be made because the target machine actively refused it. " Detail: connect failed in tcp_connect()

または

4) SOAP 1.1 fault: "":ServerFaultCode[no subcode] "Cannot complete login due to an incorrect user name or password."

ソリューション

上記のすべてのエラーは、Acronis エージェントと指定したESX(i) ホストまたはvCenterの間の接続を確立するために使用されるSOAPプロトコルによるものです。

  1. "SOAP 1.1 fault: SOAP-ENV:Client[no subcode] "D" Detail: connect failed in tcp_connect()." .

    これは一般的な通信エラーです。問題は、Acronis エージェントが https://[ホスト名またはIP]/sdk address(つまり、指定したESX(i) ホストまたはvCenter)に接続できないことにあります。

    Acronis エージェントで使用可能なネットワーク インターフェイスを通じて、指定したESX(i)ホストまたはvCenterにアクセスできることを確認してください(例えば、「ping」コマンド等で確認できます)。仮想アプライアンス ベースのインストールの場合は、CTRL+SHIFT+F2 というキーの組み合わせでコンソールからコマンドプロンプトに切り替えることができます(そのために、まずは vSphere クライアントで仮想アプライアンスのインターフェイスを開いてください)。それから、「ping XXX.XXX.XXX.XXX」コマンドを実行します(このコマンドの「XXX.XXX.XXX.XXX」は、必要なESX(i)ホストまたはvCenterのIPまたはホスト名に変えてください)。

  2. "SOAP 1.1 fault: SOAP-ENV:Client[no subcode] "Host not found" Detail: get host by name failed in tcp_connect()".

    このエラーは、IPアドレスに解決できないESX(i)ホストまたはvCenterのホスト名が指定されたことを意味します。

    • 考えられる原因の一つは、vCenterがインストールされているコンピュータにAcronis Windows エージェントをインストールし、Acronis エージェントの構成に同じvCenterを追加する場合です。(特にデフォルトでIPv6が有効になっているWindows 2008またはそれ以降のバージョンの場合)vCenterのホスト名がIPv6アドレスに解決される可能性があります。しかし、IPv6 アドレスはサポートされません。ですから、ソリューションは、vCenter のアドレスとしてIPv4 アドレスを指定するか、このコンピュータで vCenter のホスト名が必ずIPv4 アドレスに解決されるように設定することです(例えば、\windows\system32\drivers\etc\hosts ファイルを編集するという方法などがあります)。
    • もう一つのよくある原因は、Acronis エージェントのネットワークの設定が間違っているため、ホスト名で指定されたESX(i)ホストまたはvCenterを解決できないことです。仮想アプライアンスの場合は、手動なIP設定は適用されているが、DNSサーバーの設定は指定されていないか、正しくない場合が特に多いです。名前が正常に解決されることを確認するために、CTRL+SHIFT+F2 というキーの組み合わせでコンソールからコマンドプロンプトに切り替えます(そのために、vSphere クライアントで仮想アプライアンスのインターフェイスを開いてください)。それから、「ping myESXhostname」コマンドを実行します(このコマンドの「myESXhostname」を必要なESX(i)ホストまたはvCenterのホスト名に変えてください)。
  3. "SOAP 1.1 fault: SOAP-ENV:Client[no subcode] "No connection could be made because the target machine actively refused it. " Detail: connect failed in tcp_connect()".

    これは、一般的な通信エラーで、リクエストがターゲット側に拒否された、あるいは、このポートでリッスンするサービスがないため、指定されたアドレスまたはポート(例えば、https://[ホスト名またはIP]/sdk)に接続できなかったことを示します。

    この場合、Acronis Backup に追加したいESX(i)ホストまたはvCenterの正しいアドレス(IPまたはホスト名)を指定したことを確認してください。それから、ファイアウォールの設定でこのESX(i)ホストまたはvCenter上の必要なポートがすべて開いていることも確認してください(必要なポートの一覧は、Web ヘルプのシステム要件をご参照ください)。

  4. "SOAP 1.1 fault: "":ServerFaultCode[no subcode] "Cannot complete login due to an incorrect user name or password."

    指定したESX(i)ホストまたはvCenterの認証情報が適切であることを確認してください。

上記のすべてのソリューションを試しても問題が解決しなかった場合、Acronis サポートへお問い合わせください

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
10 + 8 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.