61139: Acronis Backup 12.5: Acronis 管理サーバーのデフォルトのポートを変更する方法

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Operating Systems: 

事象

Windows または Linux コンピュータ上にインストールされているAcronis 管理サーバーにアクセスするためのデフォルトのポートを変更しようとしています。

ソリューション

管理サーバー

Acronis 管理サーバーがインストールされているWindows コンピュータでは、この手順を実行してください:

  1. C:\Program Files\Acronis\ApiGateway\ に移動し、api_gateway.json というファイルを探します。
  2. api_gateway.json というファイルをテキストエディタで開き、ポートの "address" の値(0.0.0.0:9877)で 9877 を必要なポートの番号に変更します。
  3. ファイルの変更を保存します。
  4. このコンピュータですべてのAcronis サービスを再起動します。Acronis Backup 12.5: Windows のサービスおよびプロセス をご参照ください。

Acronis 管理サーバーがインストールされているLinux コンピュータでは、この手順を実行してください:

  1. /usr/lib/Acronis/ApiGateway/ に移動し、api_gateway.json というファイルを探します。
  2. api_gateway.json というファイルをテキストエディタで開き、ポートの "address" の値(0.0.0.0:9877)を必要なポートの番号に変更します。
  3. ファイルの変更を保存します。
  4. このコンピュータですべてのAcronis サービスを再起動します。Acronis Backup 12.5: Linux版インストールコンポーネント をご参照ください。

エージェント

Acronis 管理サーバーでポート番号を変更した後、エージェントのコンピュータの構成も更新する必要があります。以下の手順に従ってください。

このAcronis 管理サーバーを使用するAcronis エージェントがインストールされているすべてのWindows コンピュータでは、この手順を実行してください:

  1. C:\ProgramData\Acronis\BackupAndRecovery\MMS\ に移動し、user.config というファイルを探します。
  2. user.config というファイルをテキストエディタで開き、以下の行でポート番号を変更します:

    <port>9877</port>

  3. ファイルの変更を保存します。
  4. このコンピュータですべてのAcronis サービスを再起動します(あるいは、可能であれば、コンピュータを再起動します)。Acronis Backup 12.5: Windows のサービスおよびプロセス をご参照ください。

このAcronis 管理サーバーを使用するAcronis エージェントがインストールされているすべてのLinux コンピュータでは、この手順を実行してください:

  1. /var/lib/Acronis/BackupAndRecovery/MMS/ に移動し、user.config というファイルを探します。
  2. user.config というファイルをテキストエディタで開き、以下の行でポート番号を変更します:

    <port>9877</port>

  3. ファイルの変更を保存します。
  4. このコンピュータですべてのAcronis サービスを再起動します。Acronis Backup 12.5: Linux版インストールコンポーネント をご参照ください。

タグ: