61009: Acronis Cyber Backup 12.5 Advanced: 仮想コンピュータのゲストOS内にエージェントをインストールする際、Virtual Host のライセンスを割り当てる方法

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Last update: 01-05-2020

シナリオ

Acronis Cyber Backup 12.5 Advanced for Virtual Host ライセンスを持っています。Citrix XenServer、Red Hat Virtualization (RHV/RHEV)、Nutanix AHV、KVM、Oracle 仮想コンピュータまたは無料のESX(i)上の仮想コンピュータをバックアップしようとしています。

これらの仮想コンピュータは、そのゲスト オペレーティングシステム内にインストールされたAcronis エージェントを使用してバックアップできます。

Acronis Cyber Backup 12.5 Advanced for Virtual Host の各ライセンスは、1つのホスト上にあるすべてのコンピュータをバックアップするために利用できます。この記事には、このライセンスを割り当てる方法を説明しています。

ソリューション

  1. Acronis Cyber Backup 12.5 のWeb コンソールを開きます。
  2. [設定] -> [ライセンス] に移動します。
  3. [キーの追加] をクリックします。ライセンスのキーを入力してから、[追加] をクリックします。
  4. 割り当てるキーを選択します。
  5. [割り当て] をクリックします。
  6. 選択されたキーを割り当てることができるコンピュータの一覧が表示されます。その一覧から、[Virtual Host (Free ESXi)] を選択します:
  7. [完了] をクリックします。

これで、仮想コンピュータのゲスト オペレーティングシステム内にAcronis エージェントをインストールできます。バックアップ中に、ライセンスが自動的にチェックされます。