60555: Acronis Backup 12.5 および12: Windows でデバッグログを収集する方法

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Operating Systems: 

    この記事には、デバッグログを有効にする新しい仕方を紹介しています。デバッグログは、ごく稀に必要になります。通常は、すでに存在しているエラーに基づいて警告またはエラーの根本原因を検出できない場合に求められます。Acronis サポートの担当者にデバッグログの収集を頼まれた場合のみ、デバッグログを収集してください。デバッグログは空き容量を占めるのが速く、大量の不要なデータが発生するため、必要なしで有効にすると一般的な問題のトラブルシューティングがほぼ不可能になってしまいます。

    ステップ 1: 必要なコンポーネントの構成ファイルを探します。

    Logs are controlled by configuration files which are located in the folder with the respective binary:ログは、適切なバイナリのフォルダに保存されている構成ファイルによって管理されます。

    32ビットのシステムの場合、「C:\Program Files」ではなく、「C:\Program Files (x86)」で構成ファイルを探してください。
    • Acronis Managed Machine サービス: C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\mms.config
    • service process: C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\service_process.config
    • Acronis 管理サーバー: C:\Program Files\Acronis\AMS\
      abr_ams.config
      virtual_center_addon.config
    • サービス マネージャー: C:\Program Files\Acronis\ServiceManager\asm.config
    • Acronis ストレージ ノード: C:\Program Files\Acronis\StorageNode\
      ss.config
      staging_command.config
    • Acronis リムーバブル ストレージ 管理サービス: C:\Program Files\Acronis\ARSM\arsm.config
    • Zmq ゲートウェイ: C:\Program Files\Acronis\ZmqGw\zmqgw.config

    ステップ 2: 構成ファイルを編集します。

    1. 検出した構成ファイルをエディタ(メモ帳など)で開きます。
    2. <logging> タグを探します:
    3. デバッグログを有効にしたいすべてのチャンネルを探します:
      • Acronis Managed Machine サービス C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\
        mms.config
        <channel id="mms"...>  
        <channel id="alerts"...>
        <channel id="archive-manager"...>
        <channel id="astorage-client"...>
        <channel id="disk-manager"...>
        <channel id="backup-api"...>
        <channel id="dms"...>
        <channel id="protection_engine"...>
        <channel id="recovery-assistant"...>
        <channel id="zmq_client_connections"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="zmq_client_sessions"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="http"...>
        <channel id="account_server_client"...>
        <channel id="enforcement"...>
         <channel id="pcs"...>
        <channel id="task_execution"...>
        <channel id="rest_api"...>
        <channel id="active_protection"...>
      • service process C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\
        service_process.config
        <setlevel id="service_process"...>
      • Acronis 管理サーバー C:\Program Files\Acronis\AMS\
        abr_ams.config
        <channel id="active_protection"...>
        <channel id="activity-stream"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="agent-migration"...>
        <channel id="alerts"...>
        <channel id="ams"...>
        <channel id="async-ipc"...>
        <channel id="backup-assistant"...>
        <channel id="client-activity"...>
        <channel id="con"...>
        <channel id="curl"...>
        <channel id="dml_core"...>
        <channel id="dml_dispatcher_perf"...>
        <channel id="dms"...>
        <channel id="email_service"...>
        <channel id="enforcement"...>
        <channel id="gxt_engine_requests"...>
        <channel id="http"...>
        <channel id="perf-stat-init"...>
        <channel id="perf-stat-runtime"...>
        <channel id="protection_engine"...>
        <channel id="recovery-assistant"...>
        <channel id="registry-access"...>
        <channel id="session-manager"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="server_dispatcher_perf"...>
        <channel id="settings"...>
        <channel id="tenancy_resolver"...>
        <channel id="sync_replication"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="kibana"...>
        <channel id="update_provider"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="rest_api"...>
         
        virtual_center_addon.config
        <channel id="balancing_addon"...>
        <channel id="balancing_addon_extra"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="instance_merger_extra"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="task_execution">
      • サービス マネージャー C:\Program Files\Acronis\ServiceManager\
        asm.config
        "log_level"
      • Acronis ストレージ ノード: C:\Program Files\Acronis\StorageNode\
        ss.config
        <channel id="asn"...>
        <channel id="pcs"...>
        <channel id="con"...>
        <channel id="archive-manager"...>
        <channel id="astorage-client"...>
        <channel id="backup-api"...>
        <channel id="dms"...>
        <channel id="zmq_client_connections"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="zmq_client_sessions" ...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="http"...>
        <channel id="archive3"...>
        <channel id="account_server_client"...>
        <channel id="session-manager"...> デフォルトでデバッグ
         
        staging_command.config
        <channel id="task_execution"...>
      • Acronis リムーバブル ストレージ 管理サービス C:\Program Files\Acronis\ARSM\
        arsm.config
        <channel id="arsm"...>
        <channel id="tape_hotplug"...>
        <channel id="tape_select"...>
        <channel id="tape_scsi"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="tape_db"...> デフォルトでデバッグ
        <channel id="session-manager"...>
        <channel id="con"...>
      • Zmq ゲートウェイ C:\Program Files\Acronis\ZmqGw\
        zmqgw.config

        <channel id="settings"...>
        <channel id="zmqgw"...> デフォルトでデバッグ

    4. 必要なチャンネルの level="info" の値を"info"から"debug"に変えます:
    5. 変更を保存し、ファイルを閉じます。
    6. 該当するサービスを再起動します([スタート] -> 検索で services.msc と入力し、Enter キーを押します -> 必要なサービスを選択し、[再起動] をクリックします):
      • ams.config を編集した場合 -> Acronis 管理サーバー サービス
      • ss.config を編集した場合 -> Acronis ストレージ ノード サービス
      • arsm.config を編集した場合 -> Acronis リムーバブル ストレージ 管理サービス
      • sp.config を編集した場合 -> Acronis 管理サーバー サービス + Acronis ストレージノードのあるコンピュータではAcronis ストレージ ノード サービス  

    ステップ 3: 問題を再現させ、ログを収集します。

    デバッグログを有効にしてから、問題を再現させます。

    ログには、プロセス ID とプロセスの開始時刻があります。

    これで、問題の根本原因を調べるためにご自分でログを参照するか、Acronis システム情報を収集した上でAcronis カスタマーセンターへお問い合わせください。

    ログは、以下の場所に保存されます:

    • Acronis 管理サーバーのログ: C:\ProgramData\Acronis\AMS\logs
    • Acronis ストレージ ノードのログ: C:\ProgramData\Acronis\BackupAndRecovery\ASN\logs
    • Acronis 管理コンソールのログ: C:\ProgramData\Acronis\BackupAndRecoveryConsole\logs
    • Acronis リムーバブル ストレージ 管理サービスのログ: C:\ProgramData\Acronis\ARSM\logs
    • Service process のログ: C:\ProgramData\Acronis\ServiceProcess\logs

    ステップ 4: デバッグログを無効にします。

    1. 構成ファイルをエディタ(メモ帳など)で開きます。
    2. <logging> タグを探します。
    3. level="debug" の値を"debug"から"info"に変えます:
    4. 変更を保存し、ファイルを閉じます。
    5. 該当するサービスを再起動します。

    追加情報

    構成ファイルで変更できる他のパラメータ:

    folder="<フォルダ>" は、ログを保存するフォルダです。例えば、folder="C:\temp" に設定すると、ログは C:\temp に生成されます。

    level="{error|warning|info|debug}" は、ログのレベルです。ここで指定されているレベルより低いレベルのログはすべてログに書き込まれません。例えば、"info" に設定されている場合、デバッグログ以外のすべてのログがログに書き込まれます。"info" はデフォルトの値です。"warning" に設定されている場合、警告とエラーメッセージのみログに書き込まれます。

    enabled="{true|false}" は、このログを有効または無効にします。

    maxfiles="<数字>" は、ログファイルの最大数を指定します。ログの数がmaxfilesより多い場合、古いログが削除されます。

    maxage="<数字>" は、ログファイルの最大保持時間を指定します。単位は1時間です。maxage より古いログは削除されます。

    You are reporting a typo in the following text:
    Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
    CAPTCHA
    This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
    1 + 4 =
    Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.