60536: Acronis Backup 12.5: エージェントfor VMware (仮想アプライアンス)で追加のネットワークの設定を行う方法

次の言語でも参照できます:

Translate to:

ネットワークの中のバックアップ トラフィックを分離するために、vSphere クライアントで開かれたエージェント for VMware (仮想アプライアンス) コンソールを使って、新しい仮想ネットワークカードを追加し、その設定を編集できます。 新しく追加したネットワークを正常に使用するために、[バックアップ先] でこのネットワークに属するパスを指定する必要があります。例えば、バックアップ先のIPアドレスにお間違いのないようご注意ください。

  1. vSphere クライアントを使って、仮想アプライアンスに新しい仮想NICを追加します。そのために、仮想アプライアンスを右クリックし、[設定の編集] -> [追加] -> [イーサネット アダプタ] に移動します。[タイプ] でvmxnet3を選択し、該当する仮想ネットワークに結び付けます。
  2. アプライアンス コンソールのGUI(グラフィカルユーザーインタフェース)を使って、NICのIPの設定を指定します:
  3. Acronis Backup 管理コンソールに移動し、調整するバックアップ計画を探します。それから、その [バックアップ先] では、バックアップを保存する場所を指定します(必要なネットワークにおけるそのIPアドレスを入力します)。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
4 + 5 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.