60530: Acronis Backup 12.5: システム設定にアクセスするとき、「内部サーバーエラー。エラーコード: 100011」が表示される場合

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

事象

Linux コンピュータに、Acronis 管理サーバーがインストールされています。

管理コンソールを開き、[設定]->[システム設定]に移動します。

「内部サーバーエラー。エラーコード: 100011」が表示されます。

HAR ログには、以下のメッセージがあります:

"startedDateTime": "2017-06-26T10:29:32.428Z",
        "time": 26.16399999897112,
        "request": {
          "method": "GET",
          "url": "http://backup.gbi.local:9877/api/ams/settings/email_notification",
 
"status": 500,
          "statusText": "Internal Server Error",
          "httpVersion": "HTTP/1.1",

WebServerのログ(/var/lib/Acronis/WebServer から確認できます)には、このメッセージがあります:

File "/usr/lib/Acronis/PyShell/stdlib.zip/socket.py", line 711, in create_connection
    raise err
File "/usr/lib/Acronis/PyShell/stdlib.zip/socket.py", line 702, in create_connection
    sock.connect(sa)
ConnectionRefusedError: [Errno 111] Connection refused  (日本語訳: 接続は拒否されました。)

原因

Acronis 通知サービスが起動に失敗します。

ソリューション

ステップ1: Acronis 通知サービスの状態をチェックします。

以下のコマンドを使用して、Acronis 通知サービスが動作しているかどうか確認します:
ps ax | grep –i notification_service

このサービスが動作していない場合、Acronis 通知のログを確認します(/var/lib/Acronis/NotificationService/notification_service.log にあります)。

ログに「[Errno 99] Cannot assign requested address」(日本語訳: 要求されたアドレスを割り当てることができません。)エラーを検出した場合、サービスが起動に失敗する原因は、必要なポートが使用できないこと、または、アドレス解決の問題です。アドレス解決の問題は、IPv6が無効にされているのにlocalhostがまだIPv4ではなくIPv6に解決される場合に発生する可能性があります。

ステップ2: ポート30572をチェックします。

netstat コマンドを使用して、ポート30572が使用中かどうか確認します:
netstat -a | grep 30572

出力が何もない場合、現在、このポートが使用されていません(フリーになっています)。この場合、次のステップに進みます。このポートが使用中の場合は、可能であれば、30572を使用するソフトウェアには別のポートを指定します。

ステップ3: IPv6の設定をチェックします。

上記のポートが使用可能の場合、アドレス解決を確認するために、以下のコマンドを実行します:
ifconfig

このコマンドの出力にIPv6 アドレスが入っているかどうかを確認します。出力にIPv6 アドレスが存在しない場合は、このコンピュータではIPv6 が無効にされています。 

その後、 /etc/hostsを確認します。::1 localhost ip6-localhost ip6-loopback を検出した場合は、localhost がIPv4アドレスではなくIPv6 アドレスに解決されているということです。

この行から localhost を削除します。そうすると、このようになります:
::1 ip6-localhost ip6-loopback

以下の何れかのコマンドを実行し、Acronis Management Server service を再起動します(可能であれば、サーバを再起動してください。):

service acronis_ams restart
もしくは
systemctl restart acronis_ams.service

サービスを再起動した後、Acronis Backup の設定にアクセスが可能となります。

上記のステップを実行しても問題が解決しない場合は、Acronis カスタマーセンターへお問い合わせください。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
11 + 1 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.