60365: Acronis True Image 2018: Windowsでファイル プロテクター(file_protector) のデバッグログを収集する方法

次の言語でも参照できます:

Translate to:

    この記事には、file_protector.sys ドライバのカーネルモードのログ(別称: ファイル プロテクターのデバッグログ)を有効にして収集する方法を紹介しています。一般的に、このログが必要になるのは、Acronis True Image 2018のActive Protection機能に関する問題をトラブルシュートするとき、通常ログだけでは問題の根本原因を検出して解決することができない場合のみです。

    ファイル プロテクター ドライバのより詳細なログを取得するために、以下の手順に従ってください。また、ログ収集が終わってから、デバッグモードのログの書き込みを停止するには、コンピュータを再起動またはシャットダウンしてください。

    1. Windows のスタートメニューを開きます:
    2. 検索で「cmd」と入力します。
    3. 検索結果の中で[コマンドプロンプト] を見つけて、右クリックし、[管理者として実行] を選択します:
    4. 操作を確認するために、[はい] をクリックします:
    5. そうすると、コマンドプロンプトのウィンドウが開きます:
    6. 使用するWindowsが64ビット版の場合、以下の行をコピーし、コマンドプロンプトの黒いウィンドウのどこか(どこでもいいです)を右クリックし、[貼り付け] を選択します。それから、コマンドを実行するためにEnterキーを押します。Windows 10 の場合は、コマンドプロンプトのウィンドウの中を右クリックするとデフォルトで貼り付けが行われますから、[貼り付け] を選択する必要がありません。 

      cd C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\FileProtector

    7. 使用するWindowsが32ビット版の場合、以下の行をコピーし、ステップ6の説明に従います:

      cd C:\Program Files\Common Files\Acronis\FileProtector

    8. 以下の3つのコマンドを使って、同じことを繰り返します。1つの行をコマンドプロンプトのウィンドウに貼り付けるたびに、キーボードのEnterキーを押します:

      file_protector_control.exe enable-trace
      file_protector_control.exe enable-trace-levels 255
      file_protector_control.exe enable-trace-file

    9. 問題を再現させます。
    10. デバッグログは、C:\ProgramData\Acronis\DriverLogs フォルダに書き込まれます。ファイル名は file_protector-driver で始まります:

      ログはプレーンテキスト形式で書き込まれ、任意のテキストエディタ(例えば、メモ帳など)を使って閲覧できます:
    11. システムレポートを生成し、Acronisに送信してください。システムレポートを生成するツールはデバッグログのフォルダをデフォルトでレポートに入れますから、手動でコピーする必要がありません。 

    タグ: 

    You are reporting a typo in the following text:
    Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
    CAPTCHA
    This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
    4 + 2 =
    Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.