60052: Acronis Backup: 「Active Protection サービスが停止しており、無効です」アラート

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

このアラート(警告)が表示される原因:
Active Protection は、ファイルを暗号化し、暗号化キーの代わりに身代金を要求する悪質なソフトウェア(ランサムウェア)からシステムを保護します。Acronis Active Protection がこのコンピュータで許可されているが、開始していないか無効になっている場合、このアラートが表示されます。

このアラートがなくなる条件:
Active Protection サービスが正常に開始し、ドライバが有効になったとき、この警告が無効になります。

トラブルシュートする方法:
詳細については、[アクティビティ] タブでログを確認してください。

対象のコンピュータで、Acronis Active Protection Service のステータスをチェックしてください。そのために、Windowsサービスを開き([スタート] -> 検索 -> services.msc と入力 -> Enterキーを押す)、Acronis Active Protection Service を探します。このサービスが停止している場合、それを開始するために[開始]をクリックします。

Windows イベントログを参照し、Acronis Active Protection サービス (acronis_protection_service.exe) にクラッシュが発生していないかチェックしてください。この記事の説明に従ってください。

問題の特定または解決ができない場合、対象のコンピュータからAcronis システム情報を収集し、Acronis カスタマーセンターへお問い合わせください。