59938: Acronis Backup Advanced 12.5 と 11.7 の違い

次の言語でも参照できます:

Translate to:

Acronis バックアップ ソフトウェアの機能の比較

機能 Acronis Backup 11.7 Advanced
Acronis Backup 12.5  Advanced

サポートされるオペレーティングシステムおよびディスクのレイアウト

Windows 10
Windows 8/8.1/7/XP
Windows Vista
Windows Server 2016
Windows Server 2012/2012R2/2008/2008R2/2003/2003R2
Windows SBS 2011/2008/2003/2003R2
Windows Storage Server 2012/2012R2/2008R2/2008/2003
Windows MultiPoint Server 2012/2011/2010
Linux OS (様々なディストリビューション)
VMware ESX/ESX(i) 5.0, 5.1, 5.5, 6.0 (ハイパーバイザ レベルのエージェントレスな仮想マシンバックアップ)
VMware ESX/ESX(i) 6.5 (ハイパーバイザ レベルのエージェントレスな仮想マシンバックアップ) ×
Hyper-V (ハイパーバイザ レベルのエージェントレスな仮想マシンバックアップ)
Citrix XenServer
Red Hat Virtualization
Linux KVM
Oracle VM Server
macOS ×
クラウドの仮想マシン (Azure、Amazon) ×
Microsoft Office365 のメールボックス ×
ダイナミック ディスク
GPTディスク
iOS、Android ×

管理オプション

機能
Acronis Backup 11.7 Advanced Acronis Backup 12.5 Advanced
Webベースのコンソール ×
すべてのアクティビティの集中管理用ダッシュボード 一部
アドホックな報告
スケジュールされた報告 一部 (カスタム スクリプトが必要です)
管理者の役割(役割ベースの管理アクセス) 一部
グループおよびポリシーの管理
Active Directoryの統合 (ユーザー認証用) (シングルサインオンを使って)
異なるネットワークに属するマシンの管理とバックアップ (NAT環境のエージェント) 一部 (ポート転送を設定する必要があります)
複数のコンピュータ用の集中管理用バックアップ計画
リモートのインストール
リモートのアップデート
リモートのコンピュータからのバックアップ
リモートのコンピュータからの復元
オフホスト方式のバックアップのステージング、レプリケーション、保持およびベリファイ ×
複数のコンピュータのデータを含み、集中管理されるカタログ
アプリケーションのデータを含み、集中管理されるカタログ 導入する予定あり
PXE サーバー (ネットワーク ブート用)

バックアップ オプション

機能 Acronis Backup 11.7 Advanced Acronis Backup 12.5 Advanced
新世代のアーカイブ フォーマット (.tibx) ×
ディスクのバックアップ
ファイルのバックアップ
アプリケーションのバックアップ (Exchange、SQL、SharePoint、Active Directory)
Microsoft Office 365 メールボックスのバックアップ ×
ESXi 構成のバックアップ ×
仮想マシンのエージェントレスなバックアップ
NetApp SAN ストレージ スナップショットからのバックアップ ×
クラウドへのバックアップ: ディスクおよびパーティション 〇 (有料なオプション)
(有料なオプション)
クラウドへのバックアップ: ファイルおよびフォルダ (有料なオプション) (有料なオプション)
クラウドへのバックアップ: モバイルデバイス × (有料なオプション)
初期シード (有料なオプション) 導入する予定あり
大規模の復元 (有料なオプション) 導入する予定あり
ネットワーク共有でのバックアップの保存
SFTP/FTPサーバーでのバックアップの保存 〇 / 〇
〇 / ×
バックアップ内のファイル検索
アーカイブの暗号化
VSSのサポート(アプリケーションの一貫性バックアップ)
中央ストレージにおける重複除外
バックアップの圧縮
Acronis セキュアゾーン
Acronis スタートアップ リカバリ マネージャ
RDXのサポート 〇 (「固定」モードと「リムーバブルディスク」モードの両方) 一部 (「固定」モードの場合のみ)
保存先が二重化したバックアップ(レプリケーション)
災害復旧計画 導入する予定あり

テープ サポートのオプション

機能 Acronis Backup 11.7 Advanced Acronis Backup 12.5 Advanced
テープ ドライブ、オートローダー、ライブラリのサポート(メディアの管理を含む)
テープセット ×
テープデバイスの自動検出 ×
削除されたスライスからの復元 ×
一つの物理テープデバイス上の複数の独立したテープ ロケーション ×

ブータブル メディア

機能 Acronis Backup 11.7 Advanced Acronis Backup 12.5 Advanced
Acronis ブータブルメディア YES YES
WinPE プラグイン YES YES
ブータブルメディアのリモート管理 YES YES
ブータブルメディアの集中管理 NO YES
自動化されたベアメタル復元 NO YES

復元オプション

機能 Acronis Backup 11.7 Advanced Acronis Backup 12.5 Advanced
Acronis Universal Restore
Microsoft Exchange データベースの詳細復元 *
Microsoft Exchange メールボックスの詳細復元 *
(復元の前に行う)Exchange 電子メールの統合された検索およびプレビュー ×
Microsoft Office 365 メールボックスの詳細復元 ×
(復元の前に行う)Office 365 電子メールの統合された検索およびプレビュー ×
Microsoft SQLの詳細復元 〇** **
Microsoft SharePointの詳細復元
Microsoft Active Directory ドメインコントローラの復元
復元中に行うボリュームのサイズ変更 ***
モバイルデバイスのデータの復元 ×
Acronis Active Restore 導入する予定あり
バックアップを仮想マシンに変換すること
Acronis Instant Restore (仮想マシンをバックアップから実行すること) ×
Acronis vmFlashback (仮想マシンの増分バックアップ: CBTベース) ×
仮想マシンをファイルのセットとしてエクスポートすること 導入する予定あり

他のオプション

機能 Acronis Backup 11.7 Advanced Acronis Backup 12.5 Advanced
Acronis Active Protection ×
Acronis Notary ×
Acronis ASign ×
アーカイブ ファイルの完全性のベリファイ
サンドボックス環境で行われる強化されたベリファイ ×
仮想マシンのレプリケーション ×
Acronis Disk Director Lite 一部***
ディスクのクローン作成 一部***

ライセンス

機能 Acronis Backup 11.7 Advanced Acronis Backup 12.5 Advanced
ライセンスの種類 無期限およびサブスクリプションベース(クラウドストレージはサブスクリプションベース) 無期限およびサブスクリプションベース(クラウドストレージはサブスクリプションベース)
ライセンスの説明 物理コンピュータまたは仮想ホストの台数によるライセンス 物理コンピュータ、仮想ホスト、Office 365 メールボックスまたはクラウドのインスタンスの台数によるライセンス

サポート オプション(簡単な概要)

サポート オプション 電話、電子メール、チャット
電子メールの返信速度 1時間から1営業日まで
製品のアップグレード サポート サブスクリプションの有効期間以内に無料
製品のアップデート 無料

Acronis 製品: サポート オプション一覧 をご参照ください。

* 11.7 でサポートされるExchangeのバージョンの一部は、12.5ではサポートされません。詳細については、製品資料をご参照ください。  

** データベースをマウントしてアイテムを復元するか、ファイルとして復元した後でデータを抽出するかという2つの方法で復元できます。

*** Acronis ブータブルメディアで使用できます。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
7 + 4 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.