59328: Acronis Cyber Backup 12.5 Standard と Acronis Backup 11.7 Standard の違い

次の言語でも参照できます:

use Google Translate

次の製品に該当します: 

Last update: 水, 2020-07-15 21:32

以下の表には、Acronis Backup 11.7 (Standard 版) と Acronis Cyber Backup 12.5 (Standard 版) の機能を比較しています。

機能 Acronis Backup 11.7 Acronis Cyber Backup 12.5

サポートされるオペレーティングシステムおよび環境

Windows 10
Windows 8/8.1/7/XP
Windows Vista
Windows Server 2019 ×  
Windows Server 2016
Windows Server 2012/2012R2
2008/2008R2
2003/2003R2
Windows SBS 2011/2008
2003/2003R2
Windows Storage Server
2012/2012R2
2008R2/2008/2003
Windows MultiPoint Server 2012/2011/2010
Linux OS (様々なディストリビューション)
VMware ESX/ESX(i) (ハイパーバイザ レベルのエージェントレスな仮想コンピュータ バックアップ)

×

Hyper-V (ハイパーバイザ レベルのエージェントレスな仮想コンピュータ バックアップ)

×

macOS

×

ダイナミックディスク
GPTディスク
モバイルプラットフォーム

×

〇 (クラウドデプロイの場合のみ)
Microsoft Azure 仮想コンピュータ

×

Amazon AWS EC2 インスタンス

×

Microsoft Office 365 メールボックス

×

G Suite データ (Gmail、ドライブ、連絡先、カレンダー)

×

〇 (クラウドデプロイの場合のみ)

管理オプション

機能 Acronis Backup 11.7 Acronis Cyber Backup 12.5
Acronis クラウドにある集中管理用のWebコンソール(多言語インタフェース): ゼロインストール

×

(集中管理用ではないソフトウェアベースのコンソールは利用できます)

集中管理用のWebコンソール(多言語インタフェース): Windows または Linux にインストール

×

 (集中管理用ではないソフトウェアベースのコンソールは利用できます)

グループとポリシーの管理

×

×

異なるネットワークにあるコンピュータの管理とバックアップ (NAT環境のエージェント)

×

複数のコンピュータ用の集中管理用バックアップ計画

×

×

リモート インストール

×

リモート アップデート

×

リモート バックアップ ×
リモートコンピュータからの復元

×

複数のコンピュータのデータを含み、集中管理されるカタログ

×

×

バックアップ オプション

機能 Acronis Backup 11.7 Acronis Cyber Backup 12.5
ディスクのバックアップ
ファイルのバックアップ
アプリケーションのバックアップ (Exchange, SQL, SharePoint, Active Directory)

×

Office 365メールボックスのバックアップ

×

G Suite データ(Gmail、ドライブ、連絡先、カレンダー)のバックアップ

×

〇(クラウドデプロイの場合のみ)
仮想コンピュータのエージェントレスなバックアップ

×

ESX(i) ホストの構成のバックアップ

×

クラウドへのバックアップ: ディスクおよびパーティション (有料) (有料)
クラウドへのバックアップ: ファイルおよびフォルダ (有料) (有料)
クラウドへのバックアップ: モバイルデバイス

×

(有料)
クラウド バックアップの物理データ配送(11.7 では初期シード) × (日本では提供しておりません) (有料な物理データ配送)
大規模の復元 × (日本では提供しておりません) × (日本では提供しておりません)
バックアップスキーム: 手動で開始
バックアップスキーム: カスタム
バックアップスキーム: いつも完全
バックアップスキーム: いつも増分 (シングルファイル)

×

バックアップスキーム: ハノイの塔

×

バックアップスキーム: 祖父 - 父 - 息子 〇 (バックアップスキームで選択) 〇 (アーカイブのクリーンアップ スキームで選択)
ネットワーク共有でのバックアップの保存
FTPサーバーでのバックアップの保存
×
SFTPサーバーでのバックアップの保存
Microsoft Azure File Storage のサポート

×

バックアップ内の検索
アーカイブの暗号化
VSSのサポート (アプリケーションの一貫性バックアップ)
重複除外

×

×

バックアップの圧縮
Acronis セキュアゾーン
テープのサポート

×

×

保存先が二重化したバックアップ(レプリケーション)
簡易アーカイブ名

×

ブータブルメディア

機能 Acronis Backup 11.7 Acronis Cyber Backup 12.5
Acronis ブータブルメディア
WinPE プラグイン  (オンプレミスデプロイの場合のみ)
PXE サーバー (PXE ブート付き)

×

Acronis スタートアップ リカバリ マネージャ

復元オプション

機能 Acronis Backup 11.7 Acronis Cyber Backup 12.5
Acronis Universal Restore
Microsoft Exchangeの詳細復元
×
Microsoft SQLの詳細復元
×
〇*
 
Microsoft SharePointの詳細復元
×
 
モバイルデバイスのデータの復元
×
Acronis Active Restore
×
バックアップを仮想コンピュータに変換すること
Acronis インスタント リストア (バックアップから仮想コンピュータを起動)
×
×
Acronis vmFlashback (仮想コンピュータの増分バックアップ: CBTベース)
×

仮想コンピュータをファイルセットとして復元すること

×

他の機能

機能 Acronis Backup 11.7 Acronis Cyber Backup 12.5
Acronis Disk Director Lite
一部 (デプロイがオンプレミスで、
かつ、ブータブルメディアを使う場合のみ)
ディスクのクローン作製
一部 (デプロイがオンプレミスで、
かつ、ブータブルメディアを使う場合のみ)
WAN高速化を使用したVMware-VMwareの仮想コンピュータのレプリケーション
×

ライセンス

機能 Acronis Backup 11.7 Acronis Cyber Backup 12.5
ライセンスの種類 無期限およびサブスクリプションベース(クラウドへのバックアップはサブスクリプションベース) 無期限およびサブスクリプションベース(クラウドストレージはサブスクリプションベース)
ライセンスの概要 物理コンピュータまたは仮想ホストの数によるライセンス 物理コンピュータ、仮想ホスト、Office 365 シート、G Suite シートまたはクラウドインスタンスの数によるライセンス
Acronis クラウドストレージ

必要な容量によるサブスクリプション。

クラウドへのバックアップが独立しているため、Acronis Backup 11.7 ライセンスを持っていなくても、クラウドへのバックアップは実行できます。

必要な容量によるサブスクリプション。モバイルバックアップも含む。

バックアップ操作を実行するためには、Acronis Cyber Backup 12.5 のライセンス(最低1つ)が必要です。

 

サポート オプション(簡単な概要)

電子メールの返信速度 1時間から1営業日まで
製品のアップグレード サポート サブスクリプションの有効期間以内は無料
製品のアップデート 無料

 

Acronis 製品: サポート オプション一覧 もご参照ください。

* つまり、データベースのファイルをフォルダに抽出できます。後でそこからデータを抽出できます。