57978: Acronis Cloud Connection Verification Tool

    本記事の対象製品:

    • Acronis Cloud (Home および Enterprise)

     

    ファイル:

    はじめに

    Acronis Cloud Connection Verification Tool は、以下のツールの代替となるバンドルとして設計されています:

        • nslookup
        • telnet
        • ping

    サポートされるオペレーティングシステム

    Windows XP 以降の全てのWindows OS ではサポートされます。(!)Windows 2000 ではサポートされません。

    使い方

    1. どのクラウドストレージを使用しているかを確認します:
    1.1 自分の Acronis アカウントにログインします;
    1.2 左側の[オンラインバックアップ]メニューに移動します。Acronis True Image Home 製品の場合は[個人のお客様]、Acronis Backup 製品の場合は[法人のお客様] を選択します;
    1.3 [オンラインストレージからのファイルの復元] をクリックします:

    1.4 そうすると、自動的にAcronis Web Restoreにリダイレクトされます。リダイレクトされたページのURLで、使用しているデータセンターが分かります。例えば、cloud-wr-eu1.acronis.com にリダイレクトされた場合、データセンターはEU1です。次のステップでデータセンターの名前が必要になりますので、メモしてください。

    2 このKB記事から適切なツールをダウンロードします。

    3. ツールを実行します。

    4. このツールには、以下の機能があります:
    - DNSがAcronis のホストを正確に解決しているかどうかチェックできます; 
    - 必要なポートが開いているかどうかチェックできます;
    - 50パケットを送信して、ネットワークの安定性をチェックできます;
    - 上記の情報を含むレポート(テキストファイル形式)を生成できます。

    エラー

    1. 名前解決に失敗します:

    2. ポートが閉じられています:

    3. DNS サーバーはAcronisのDCホスト名を間違ったIPアドレスに解決します: 

    上記のスクリーンショットの通り、名前解決(DNSルックアップ)が成功しましたが、その後のポート確認が失敗しました。この問題のよくある原因は、DNSサーバーがAcronis のホスト名を間違ったIPアドレスに解決していることです。名前解決が正しいかどうか確認するには、別のマシンでこのツールを実行してみてください。

    4. 接続が安定していませんが、ポートが開いています:

    上記のスクリーンショットの通り、ポート44445での接続が1つのサーバーだけを除いて全てのFESサーバーで成功しました。この場合、以下の問題が考えられます: 

    - ポート44445が実際にこの特定のIPアドレスを拒否しています;
    - 接続が安定していないので、接続テストに失敗しました。ツールを再実行し、接続できるかどうかもう一度チェックしてください。
    - サーバーが現在メンテナンス中で、接続に失敗します。これが合っているかどうか確認するために、別のマシンでツールを実行するか、ツールを再実行してください。

    5. 接続が安定していません。

    パケット送信中にパケットが消失した場合、以下の警告が黄色で表示されます:

    Packet loss was detected. Connection is not 100% stable. (日本語訳: パケットの消失が検出されました。接続は完全に安定していません。)

    LINUX の場合

    同じツールの Linux OS 用のバージョンを使用してください。この記事に、32ビット版と64ビット版が添付されています。一般的に、64ビットシステムでも32ビット版のアプリケーションを実行できますが、場合によって noarch ライブラリをインストールする必要があります。

    使い方: obchecker [オプション]

    オプションの一覧:

    * [-s] - 宛先のIPアドレスまたはホスト名;
    * [-z] - ゾーンを設定します(EU1、US1、またはUS2);
    * [-p] - 宛先のポート(1-65535)。(!) [-s] オプションが設定されていない場合、代わりに www.google.com が使用されます;
    * [-t] - ポートチェックのタイムアウトを設定します(デフォルトでは、10秒);
    * [-n] - ping 送信を行う最大回数を指定します(デフォルトでは、5回); 
    * [-h] - ヘルプを表示します;
    * [-v] - バージョン情報を表示します。

    また、このツールを使って、宛先とポートが使用可能になっているかどうかチェックできます。Acronis ブータブルメディアでも使用できます。 

    例えば:
     - obchecker
     - obchecker -z us2
     - obchecker -p 80
     - obchecker -s 192.168.1.1 -p 55
     - obchecker -s 192.168.1.1 -p 8080 -t 15 -n 50

    タグ: 

    You are reporting a typo in the following text:
    Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
    CAPTCHA
    This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
    2 + 2 =
    Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.