56244: Acronis Backup: 電子メールの通知の設定 

Acronis Backup で電子メールの通知を設定する方法

本記事の対象製品:

  • Acronis Backup (Acronis Backup & Recovery) 11.5
  • Acronis Backup & Recovery 11
  • Acronis Backup & Recovery 10

はじめに

Acronis Backup では、バックアップや復元タスクの終了・失敗の際、また、ユーザーの操作が必要な場合、電子メールに通知が届くように設定できます。

(!) Acronisブータブル メディア上では電子メールの通知が利用できません。 

ソリューション

(Microsoft Exchange Server 2007/2010の場合) SMTPリレーを設定してください。その手順については、Microsoft Exchangeチームのブログをご参照ください: Allowing application servers to relay off Exchange Server 2007 

電子メールの通知を設定するために、以下の説明に従ってください:

  • デフォルトの電子メール通知を設定する際、[オプション]->[デフォルトのバックアップと復元のオプション]->[デフォルトのバックアップ オプション]/[デフォルトの復元オプション]->[通知]->[電子メール]に移動します:

    Acronis Backup & Recovery 10 Acronis Backup 11.5 / Acronis Backup & Recovery 11
  • 特定のタスクまたはバックアップ計画の電子メール通知を設定する際、[バックアップオプション]または[復元のオプション]に移動してから、[変更]をクリックし、[通知]->[電子メール]に移動します;
  • [電子メールによる通知を送信する]チェック ボックスをオンにします:
    • [電子メール アドレス]フィールドには、通知の送信先の電子メール アドレスを入力します。複数のアドレスを入力する場合、セミコロンで区切ってください;
    • [送信メール サーバー (SMTP)]フィールドには、送信メール サーバー(SMTP)を入力します;
    • 送信メール サーバーのポートを設定します。デフォルトでは、ポート25になっています;
    • 利用するSMTPサーバーが認証を必要とする場合、ユーザー名とパスワードを適切なフィールドに入力します。

      (!) 利用するSMTPサーバーが認証を必要としない場合、[ユーザー名]と[パスワード]フィールドを空のままにしておいてください。そうしない場合、ソフトがメール通知を送信できない可能性があります。利用するSMTPサーバーが認証を必要とするかどうかはっきり分からない場合、ネットワークの管理者または電子メールサービスのプロバイダに問い合わせ、確認してください。

    • [件名]フィールドに、電子メール通知のカスタム件名を指定できます。

      デフォルトでは、Acronis Backup & Recoveryの電子メール通知の件名は以下の通りです: 

      • タスクが正常に終了した場合:[ABR] Task <タスクの種類> succeeded on machine <コンピュータ名>
      • ユーザーの操作が必要な場合:Task <タスクの種類> requires your interaction on machine <コンピュータ名>
      • タスクが失敗した場合:[ABR] Task <タスクの種類> has failed on machine <コンピュータ名> 
  • どの時に電子メール通知を送信してもらいたいかを指定するために、[通知を送信する]の下で適切なチェック ボックスを選択します:
      • バックアップが正常に終了したとき;
      • バックアップが失敗したとき;
      • ユーザーの操作が必要な場合;
      • タスクのログすべてを電子メール通知に入れるために、[通知に完全ログを追加する]オプションを選択してください;
    Acronis Backup & Recovery 10 Acronis Backup 11.5 / Acronis Backup & Recovery 11
  • 他の電子メールパラメータを設定するために、[そのほかの電子メール パラメータ...]をクリックします:
    • [差出人]フィールドには、電子メール通知の差出人のメール アドレスを入力します。このフィールドを空白のままにした場合は、メッセージの[差出人]が送信先と同じになります。 
    • メール サーバーへの暗号化された接続を使用する際、[暗号化を使用する]を選択します。暗号化の種類は、SSLまたはTLSのどれかを選択できます。 
    • 場合によって、送信が許可される前に受信メール サーバーによる認証が要求されます。その場合は、[受信メール サーバーへのログオン] チェック ボックスをオンにして POP サーバーを有効にし、次の設定を行います:[受信メール サーバー(POP)]、POPサーバーの[ポート]、[ユーザー名]、[パスワード];
  • [テスト メッセージを送信する] をクリックすると、指定した設定で電子メール通知が正常に機能するかどうかを確認できます。
    Acronis Backup & Recovery 10 Acronis Backup 11.5 / Acronis Backup & Recovery 11

     

 


追加情報

以下の記事もご参照ください:

 

タグ: 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
2 + 1 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.