56241: Acronis Cloud: アクセスが必要なポートとホスト名

Cloud ストレージはAcronis True Imageのアドオンですから、Acronis True Imageなしで使用できません。

ポートとホスト名

Acronis Online Backupを利用する際、以下のTCPポートとホスト名へのアクセスが必要になります: 

アメリカ合衆国 (ボストン - US2,
セントルイス - US1, US3)
EMEA (ストラスブール - EU1) EMEA (フランクフルト - EU2) EMEA (ロンドン - EU3)
  • cloud-rs-us1.acronis.com 55556
  • cloud-fes-us1.acronis.com 44445
  • cloud-rs-us2.acronis.com 55556
  • cloud-fes-us2.acronis.com 44445
  • cloud-rs-us3.acronis.com 55556 
  • cloud-fes-us3.acronis.com 44445
  • web-api-tih.acronis.com 443
  • web-api-tie.acronis.com 443
  • web-api-vmp.acronis.com 443
  • rpc.acronis.com 443
  • cloud-rs-eu1.acronis.com 55556
  • cloud-fes-eu1.acronis.com 44445
  • web-api-tih.acronis.com 443
  • web-api-tie.acronis.com 443
  • web-api-vmp.acronis.com 443
  • rpc.acronis.com 443
  • cloud-rs-eu2.acronis.com 55556
  • cloud-fes-eu2.acronis.com 44445
  • web-api-tih.acronis.com 443
  • web-api-tie.acronis.com 443
  • web-api-vmp.acronis.com 443
  • rpc.acronis.com 443
  • cloud-rs-eu3.acronis.com 55556
  • cloud-fes-eu3.acronis.com 44445
  • web-api-tih.acronis.com 443
  • web-api-tie.acronis.com 443
  • web-api-vmp.acronis.com 443
  • rpc.acronis.com 443

 

日本 (東京) シンガポール共和国 (ジュロン) ロシア連邦 (モスクワ) オーストラリア連邦(シドニー)
  • cloud-rs-jp1.acronis.com 55556
  • cloud-fes-jp1.acronis.com 44445
  • web-api-tih.acronis.com 443
  • web-api-tie.acronis.com 443
  • web-api-vmp.acronis.com 443
  • rpc.acronis.com 443
  • cloud-rs-sg1.acronis.com 55556
  • cloud-fes-sg1.acronis.com 44445
  • web-api-tih.acronis.com 443
  • web-api-tie.acronis.com 443
  • web-api-vmp.acronis.com 443
  • rpc.acronis.com 443
  • cloud-rs-ru2.acronis.com 55556
  • cloud-fes-ru2.acronis.com 44445
  • web-api-tih.acronis.com 443
  • web-api-tie.acronis.com 443
  • web-api-vmp.acronis.com 443
  • rpc.acronis.com 443
  • cloud-rs-au1.acronis.com 55556
  • cloud-fes-au1.acronis.com 44445
  • web-api-tih.acronis.com 443
  • web-api-tie.acronis.com 443
  • web-api-vmp.acronis.com 443
  • rpc.acronis.com 443

 

WindowsとLinux

WindowsまたはLinux上でポートをチェックする方法

ポートとホスト名が開いているかどうか確認するために、Acronis Cloud Connection Verification Toolを使用してください。

また、もう一つの方法は、telnetコマンドを実行することです。このポートとホスト名に正常にアクセスできる場合、以下のコマンドを実行すると、ブランクスクリーンが表示されます: 

telnet rpc.acronis.com 443

アクセスできない場合、以下のように、失敗を示すメッセージが表示されます:

Windows VistaとWindows 7の場合、まず、telnetコマンドを許可する必要が時々あります:

  • [スタート]->[コントロール パネル]->[プログラム]へ移動してください;
  • [プログラムと機能]のメニューの[Windowsの機能の有効化または無効化]をクリックしてください; 
  • [Telnetクライアント]と[Telnetサーバー]の両方にチェックマークを付けてください;
  • [OK]をクリックしてください。

Windows ファイアウォールでポートを開き、Acronisソフトウェアをファイアウォールで許可してください: 

Acronis Software: Allowing Acronis Products Through Firewallsをご参照ください。

Mac

Macの場合、ポートをチェックする方法

  1. ネットワークユーティリティを開きます:
  2. [ポートスキャン]をクリックします;
  3. 利用するデータセンターのホスト名とポートをチェックします。 
    例えば、ストラスブールへバックアップする場合、以下のポートをチェックする必要があります: 
    cloud-rs-eu1.acronis.com 55556
    cloud-fes-eu1.acronis.com 44445
    web-api-tih.acronis.com 443
  4. アウトプットをチェックします:

Mac ファイアウォールでAcronisソフトウェアを許可します:

  1. [Apple]->[システム環境設定]->[セキュリティとプライバシー]へ移動します。それから、[ファイアウォール]をクリックします; 
  2. [ロック]アイコンをクリックし、管理者のユーザ名とパスワードを記入します。これで、ファイアウォールの設定を変更できるようになります; 
  3. [ファイアウォールの設定]の下で[+]ボタンをクリックし、Acronisソフトウェアをリストに追加します。[OK]を押します。

タグ: 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
4 + 5 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.