55995: Acronis Backup 11.5: Acronisユーザー用のパスワード自動生成のアルゴリズム

次の言語でも参照できます:

Translate to:

Applies to:

既定のAcronisユーザー用のパスワード自動生成のアルゴリズム 

本記事の対象製品:

  • Acronis Backup 11.5 (Acronis Backup & Recovery 11.5)

はじめに

Acronis Backupのコンポーネントをインストールするとき、既定のユーザー(例えば、Acronis Agent User)が使用できます。このようなユーザー用のパスワードがインストール中にランダムに生成されます。このパスワードは、他のすべてのユーザーのパスワードと同じようにWindowsに保存されます。 

ソリューション

パスワード自動生成の仕組みは以下の通りです:

  1. 'std::rand()'を使用し、パスワードをランダムに生成します。つまり、パスワード要件を満たすまでランダム文字列を作ります。
  2. Acronis Agent User, AMS User, ASN Userの場合、パスワードの長さは18桁です。大文字を最低で1桁、小文字を最低で1桁、数字を最低で1桁を含みます。
  3. パスワードは、Netapi32.libの'NetUserAdd'機能が付いたユーザーを作成するために使用されます。それで、このパスワードは、他のすべてのユーザーのパスワードと同じようにWindowsに保存されます。 
    (!) それ以外の場所ではパスワードが保存されません。
  4. パスワードが変更された場合、Windowsサービス([スタート]->[プログラム名を指定して実行]->services.msc)へ移動してください。それから、適当なサービス用のパスワードを新規パスワードに変更してください。 

追加情報

Acronis Backup & Recovery 11.5もご参照ください。

 

タグ: 

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
CAPTCHA
This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
8 + 9 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.