55250: Acronis ソフトウェア: アンチウイルスなどのセキュリティプログラムのスキャン対象からプログラムフォルダや実行ファイルを除外しましょう

Last update: 04-08-2021

場合によって、ウィルススキャンナーやその他のセキュリティ関連のプログラムが Acronis 製品の動作を妨げることがあります。このような問題は、該当するフォルダまたは実行ファイルを除外リスト、もしくはホワイトリストに追加することで解決できます。

Acronis ソフトウェアのコンポーネントまたはフォルダをセキュリティ プログラムの除外リストに追加した後、変更を同期するためにすべての Acronis サービスを再起動することが必要不可欠です。各サービスを再起動しないと、セキュリティプログラムは Acronis のコンポーネントをブロックし続ける可能性があります。

Acronis Backup 12.5 および 12 用のソリューション

以下のプログラムフォルダを除外もしくはホワイトリストに追加してください:

C:\Program Files\Acronis\
C:\Program Files\Common Files\Acronis\
C:\ProgramData\Acronis\ (Windows Vista、7、2008、8、10、2012、2016 の場合)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis (Windows XP、2003 の場合)

x64 システムの場合:

C:\ProgramData\Acronis
C:\Program Files (x86)\Acronis
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis
C:\Program Files\Acronis
C:\Program Files\Common Files\Acronis

実行ファイルを手動で指定する場合は、以下のリストを参照してください:
C:\Program Files\Common Files\Acronis\ActiveProtection\active_protection_service.exe
C:\Program Files (x86)\Сommon Files\AcronisSchedule2\schedul2.exe
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\TibMounter64\tib_mounter_service.exe
C:\Program Files\Acronis\AMS\ManagementServer.exe
C:\Program Files\Acronis\AMS\SyncMachines.exe
C:\Program Files\Acronis\ARSM\arsm.exe
C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\mms.exe
C:\Program Files\Acronis\LicenseServer\acronis_license_service.exe
C:\Program Files\Acronis\TrayMonitor\MmsMonitor.exe
C:\Program Files\Acronis\WebServer\ams_web_service.exe
C:\Program Files\Acronis\ZmqGw\zmqgw.exe

C:\Program Files\Common Files\Acronis\Agent\agent.exe (この実行ファイルはアップデート 4 より前のビルドにのみ存在します)
C:\Program Files\Common Files\Acronis\Schedule2\schedul2.exe(14330 以前のビルドにおいて)
C:\Program Files\Common Files\Acronis\TibMounter\tib_mounter_service.exe(14330 以前のビルドにおいて)

仮想コンピュータの場合は、こちらも併せて追加してください: %APPDATA%\Local\Temp\AcronisGuestService\app_backup.exe

Acronis Cyber Protect Cloud、Acronis Cyber Backup Cloud 用のソリューション

C:\Program Files\BackupClient\
C:\Program Files\Common Files\Acronis\
C:\ProgramData\Acronis\(Windows Vista、7、2008、8、10、2012、2016 の場合)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis(Windows XP、2003 の場合)

x64 システムの場合:

C:\ProgramData\Acronis
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis
C:\Program Files\BackupClient
C:\Program Files\Common Files\Acronis

実行ファイルを手動で指定する場合は、以下のリストを参照してください:

C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\Agent\agent.exe
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\Schedule2\schedul2.exe
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\TibMounter64\tib_mounter_service.exe
C:\Program Files\BackupClient\BackupAndRecovery\mms.exe
C:\Program Files\BackupClient\TrayMonitor\MmsMonitor.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\Agent\aakore.exe

仮想コンピュータの場合は、こちらも併せて追加してください: %APPDATA%\Local\Temp\AcronisGuestService\app_backup.exe

macOS

Acronis のファイルは以下のパスにあります:

/Library/Application Support/Acronis/
/Library/Application Support/BackupClient/Acronis/
/Applications/Cyber Protect Monitor.app/
/Applications/Rescue Media Builder.app/
/Applications/Utilities/Cyber Protect Agent Assistant.app/

(!)「Cyber Protect Agent Assistant.app」および「Cyber Protect Monitor.app」は現在使用されている名前です。使用中のバージョンは最新バージョンではない場合、ダブルチェックしてください。

Linux

Acronis のファイルは以下のパスにあります:

/var/lib/Acronis
/etc/Acronis
/usr/lib/Acronis
スクリプト用の個別フォルダ(例えば、WHM\CPanel の統合における WebCP 保護計画など含む):
/usr/bin/acronis_*

また、Acronis は以下のフォルダにもログを保管しています:
/var/log/Acronis
/opt/acronis/

Acronis Snap Deploy 5 用のソリューション

以下のプログラムフォルダを除外もしくはホワイトリストに追加してください:

x32 システムの場合:

C:\Program Files\Acronis\
C:\Program Files\Common Files\Acronis\
C:\ProgramData\Acronis\ (Windows Vista、7、2008、8、10、2012、2016 の場合)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis(Windows XP、2003 の場合)

x64 システムの場合:

C:\ProgramData\Acronis
C:\Program Files (x86)\Acronis
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis
C:\Program Files\Acronis
C:\Program Files\Common Files\Acronis

Acronis Backup 11.7/11.5/11/10 用のソリューション

以下のプログラムフォルダを除外もしくはホワイトリストに追加してください:

C:\Program Files\Acronis\
C:\Program Files\Common Files\Acronis\
C:\Program Files (x86)\Acronis\(x64 Windows の場合)
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\(x64 Windows の場合)
C:\ProgramData\Acronis\ (Windows Vista、7、2008、8、10、2012、2016 の場合)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis(Windows XP、2003 の場合)

実行ファイルを手動で指定する場合は、以下のリストを参照してください:

(!) x64 システムの場合は、以下のパスは C:\Program Files\ ではなく、C:\Program Files (x86) で始まります。例えば、C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\Agent\agent.exe などです。

C:\Program Files\Common Files\Acronis\Agent\agent.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\BackupAndRecovery\Common\act.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\BackupAndRecovery\Common\service_process.exe
C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\mms.exe
C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecovery\BackupAndRecoveryMonitor.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\Schedule2\schedul2.exe
C:\Program Files\Common Files\Acronis\Schedule2\schedhlp.exe
C:\Program Files\Acronis\ARSM\arsm.exe
C:\Program Files\Acronis\TrayMonitor\TrayMonitor.exe
C:\Program Files\Acronis\Timounter\TimounterMonitor.exe
C:\Program Files\Acronis\BackupAndRecoveryConsole\ManagementConsole.exe
C:\Program Files\Acronis\AMS\ManagementServer.exe
C:\Program Files\Acronis\StorageNode\StorageServer.exe

Acronis True Image 用のソリューション

以下のファイルおよびフォルダをセキュリティ ソフトウェア(アンチウイルスなど)の除外もしくはホワイトリストに追加してください(Windows Defenderについては、こちらの説明をご参照ください):

1) インストール関連の問題が発生している場合は、Acronis True Image のインストールファイルのパス

2) プログラムの実行ファイルおよび構成ファイルが置かれている各フォルダ

(!) Windows エクスプローラーでは、C:\ProgramData というフォルダはデフォルトで隠されています。それを表示させるためには、[スタート] -> [コントロール パネル] -> [デスクトップとカスタマイズ] -> [エクスプローラーのオプション] -> [表示] -> [隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する] で隠しファイルや隠しフォルダの表示を有効にする必要があります。

Windows 7/8/10(x64 システム):

C:\Program Files (x86)\Acronis
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis
C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\TrueImageHome
C:\ProgramData\Acronis

Windows 7/8/10(x32 システム):

C:\Program Files\Acronis
C:\Program Files\Common Files\Acronis
C:\ProgramData\Acronis

Windows XP SP3(x32 システム):

C:\Program Files\Acronis
C:\Program Files\Common Files\Acronis
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis

Windows Vista および x64 の Windows XP:

該当なし(これらのオペレーティング システムは Acronis True Image ではサポートされていません)

3) 上記のフォルダを除外対象に追加しても、セキュリティ ソフトウェアが Acronis True Image の機能をブロックする場合は、これらのフォルダに入っている本製品の実行ファイルもホワイトリストに登録する必要があります。

Acronis Disk Director 12.5 用のソリューション

以下のファイルおよびフォルダをセキュリティ ソフトウェア(アンチウイルスなど)の除外もしくはホワイトリストに追加してください:

1) インストール関連の問題が発生している場合は、Acronis Disk Director のインストールファイルのパス

2) プログラムの実行ファイルおよび構成ファイルが置かれている各フォルダ

C:\ProgramData\Acronis\ (Windows Vista、7、2008、8、10、2012、2016 の場合)
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Acronis(Windows XP、2003 の場合)

x32 システムの場合:

  • C:\Program Files\Acronis\
  • C:\Program Files\Common Files\Acronis\

x64 システムの場合:

  • C:\Program Files (x86)\Acronis\
  • C:\Program Files (x86)\Common Files\Acronis\

タグ: