54727: Acronis Backup: ファイルのバックアップに関する問題のトラブルシューティング

次の言語でも参照できます:

Translate to:

Applies to:

    ファイルレベルのバックアップに失敗した場合のトラブルシューティング

    本記事の対象製品:

    • Acronis Backup (Acronis Backup & Recovery)

     はじめに

    まず、ファイルレベルのバックアップのときにだけ発生する問題かどうか確認してください。そのために、以下の条件を満たしてディスクレベルのバックアップを実行してください:

    • 同じソース(例えば、C:ドライブの完全なバックアップ)
    • 同じバックアップ先(例えば、同じフォルダへ)
    • 同じ設定(例えば、VSSなど)

    その結果、ディスクレベルのバックアップに成功した場合、発生した問題はファイルレベルのバックアップの問題だと分かります。この場合、[既知の問題]に移動してください。 

    しかし、ディスクレベルのバックアップにも失敗した場合、発生した問題は一般的な問題です。この記事の加入情報を参照してください。

    (!)注意点:

    • ディスクレベルのバックアップより、ファイルレベルのバックアップのスピードが遅い場合があります。ブロックレベルでバックアップを実行しているのに、特定のファイルをバックアップする際、ファイルのすべての部分を組み立てることになります。それで、ファイルの断片化のため、ドライブの違う部分からデータが読み込まれる可能性があります。
    • ファイルレベルのスナップショット機能が無効になっている場合、ソフトウェアが特定のタイミングでのフォルダの様子をキャプチャできませんが、それでもファイルをロックし、一つずつバックアップします。そのため、バックアップのソースに大幅な変化(ファイルの作成・削除)があれば、出来たバックアップがデータサイズより大きくなる場合があります。バックアップする際、スナップショット機能を有効にすることを勧めます。
    • ネットワーク共有のファイルレベルのバックアップは、いつもスナップショット無しで行われます。

    ソリューション

    既知の問題:

    バックアップ計画の設定で[ファイルレベルのスナップショット]の[スナップショットを作成しない] ("Do not create a snapshot")が選択され、ファイルがロックされた場合、ファイルレベルのバックアップに失敗します。また、操作を要求するメッセージが表示される可能性もあります。サイレントモードをオンにすることでエラーをスキップするか、あるいは、ファイルレベルのスナップショットを有効にしてください。

    権限を持たないユーザーとしてAcronis Backupを起動する場合、システムまたは管理者のファイルがバックアップできません。セキュリティ上の理由から、Acronis製品がこのように設計されています。

    それ以外の問題が発生した場合、Acronisカスタマーセンターへお問い合わせください。お問い合わせする際、以下の情報を提供してください。

    情報収集

    1. Process Monitorログ。問題を再現させ、Process Monitorログを採取してください。
    2. システムレポート。Acronis Backup11.5: システムレポートの生成を参照し、問題が発生したマシンのシステムレポートを収集してください。何かの理由でこの方法に失敗した場合、AcronisInfo ユーティリティが使用できます。 

    この情報を収集してから、Acronisカスタマーセンターへお問い合わせください。

    タグ: 

    You are reporting a typo in the following text:
    Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.
    CAPTCHA
    This question is for testing whether or not you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
    7 + 9 =
    Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.